海外記事

エメリとエジルの不仲は今に始まったことではない。昨冬にその噂は始まり、今や二人の関係は凍り付いた袋小路で、エジルが選出されなかった試合よりも、選出された試合のほうが話題になるくらいだ。

エジルの調子はエメリが北ロンドンにやってくる前から下降の兆しを見せていた。だが、それにエメリが抱く詳細な攻撃的MFへの要求が合わさり、関係の悪化は決定的になった。ヨーロッパリーグ決勝でのエジルの交代は明確なメッセージだった。

だが、その後エジルはなかなか好調なプレシーズンを送った。しかし、その後コラシナツと犯罪に巻き込まれ、プレシーズンの好調を良いスタートにつなげる機会を失ってしまった。そしてなぜかその後は昨季の亀裂が復活し、エメリはまたしてもチーム最高給の選手を例として使おうとしているようだ。

シーズンを通して71分しかプレイしていないにもかかわらず、監督はフランクフルト戦のメンバーから外し、その理由を”休ませるため”と説明した。もちろんこの説明を皆が信じると考えるほどエメリは愚かではないはずで、これは若干敵意のある行為と敵意のあるコメントに思える。彼は明確に言葉にすることはなしに、エジルを罰したかったのだろう。

その後エジルはアストン・ヴィラ戦でも使われず、代わりにジョー・ウィロックとトレイラがベンチから登場した。この交代は確かに効果的だったが、これによってエジルがフランクフルト戦のメンバーを外れたのは休息とは無関係だったことが示された。

エジルはカラバオ杯では出場したが、良いプレイを見せ、6つのチャンスを創出したにもかかわらず、71分で交代となった。もちろん、当然ながらエジルを休ませる必要などないわけで、これもまた監督からのメッセージというわけだ。

恐らく多くのアーセナルファンには、エジルが毎試合のようにスタメンすることはないということをもう受け入れてしまったと思うし、これに賛成するファンも多いだろう。最初に述べた通り、我々が最高のエジルの姿を最後に目にしてからずいぶん長いこと経っている。

だが、それでも監督のエジルに対する姿勢が何かの役に立つとは全く思えない。既に我々はエジルとエメリの仲が良くないことは知っている。公然の事実だ。フロントが、給与が高すぎるエジルを売却しようとしたことも分かっている。

だが、それならば、エメリの刺々しいエジルへの扱いは、いったい何のためのものなのだろうか。エメリは誰にメッセージを送ろうとしているのだろう。

エジル自身?だとすると未だにエジルが監督とクラブが放出を希望していることに気づいていないとするのならば、彼は途方もなく鈍い人物なのだろうといわざるを得ない。(訳注: 皮肉) クラブだろうか?だが何のために?

もし仮に、エジルが規律面で深刻な問題を抱えているのだとすれば、そもそもチームに選ばれたり、5人のキャプテンに含まれているのは奇妙だ。

そもそも、ここまで明確にエメリがエジルはチームにとって重要ではないというメッセージを発し続けているにもかかわらず、監督の信頼すべき副官であるべきキャプテンのグループの中にエジルが含まれている。今となってはそんなこと誰も信じるはずが何のにもかかわらずだ。

エメリがエジルをチームにとって必要なリーダーだと認めているはずがない。もちろん一度エジルを選出した以上、政治的にそこから外すことは困難だという意見もわかるが、だとすると同時に5人のキャプテンの一人に対して今のような辛辣な対応をエメリがエジルに続けることも筋が通らない。

今となっては、エジルをビッグゲームで起用しなかったり、それどころかあまり多くの試合に起用しないこと自体に問題があると思うわけではない。監督は未だにどうやってストライカーにチャンスを届けるかという問題を解決できていないものの、それでも私も含め、多くのファンが理解できる決断ではあるだろう。

しかし、ヨーロッパリーグの試合で嘘の理由でエジルを外し、彼が輝ける快適なホームの試合で途中交代させるなどといった行為は、不必要に攻撃的であるように思える。

これではまるで、監督は議論はしたくないが、自分がエジル側に満足していないということを示すためだけに当たり散らしているかのようだ。これが、いったい誰にとっての得になるのか、私にはわからない。

(source:
https://www.unibet.co.uk/blog/football/premier-league/unai-emerys-passive-aggressive-management-of-mesut-ozil-serves-no-purpose-1.1268187 )

海外記事

(この記事は前編の続きとなっています。)

したがって、ジャカ、ルイス、ソクラティスといった選手たちが若手にとってかわられるのをファンが待ち望む気持ちも理解できる。そして、長期的なプランとしては、恐らくアーセナルの将来的なCBペアはホールディングとサリバであることは間違いないだろう。

しかし、 往々にして若手の評価は色眼鏡をかけて行われるものだ。フォレスト戦では相手のクオリティの違いもさることながら、中盤のバランスもよりよかった。トレイラは完ぺきではないが、守備ではジャカよりも機能する。

また、この日のエジルは慣れ親しんだ10番のポジションで良い活躍を見せた。このように、中盤が上手く機能していたおかげでガナーズの守備はより容易になり、今季のアーセナルのトレードマークとなりつつあるバスケットボールのような殴り合いにならずにすんだ。

ヴィラ戦ではエメリのチームは7枚もイエローカードをもらっており、これがチームがいかにバランスを欠き、構造的なストレスを抱えていたかということを示している。

実際のチーム事情を分析すれば、ルイスとソクラティスに関してはあまり責められないと思う。まず、チームにまだ慣れないセバージョスやウィロック、ペペといった選手が組み込まれたばかりだし、恐らくファーストチョイスのサイドバックを二人とも欠いている。

エメリは控えのサイドバックを完全には信頼しておらず、コラシナツとナイルズの守備面での弱点を隠すために、スリーバックを昨季は用いていた。今季はスリーバックは採用していないが、それでもサイドバックの保護に努めている。

エメリは典型的なダブルボランチの代わりに、二人によりサイドに広がるよう要求している。エイドリアン・クラークが分析している通り、このおかげで中盤の中央に穴が開いてしまっているのだ。

オーバメヤンとペペがサイドを務め、その後ろにナイルズとコラシナツがいるという守備に不安の残る布陣のせいで、ゲンドゥージやトレイラ、ウィロックといった選手がサイドのカバーをさせられることが多く、その結果ジャカはポツンと一人で中央に残されてしまう。

したがって、これは単にソクラティスとルイスの問題とは言えない。ジャカとソクラティスとルイスが中央で、何のサポートもなく孤立してしまうことが問題なのだ。

もしかすると、エメリがこのように過度にサイドを警戒する傾向はベジェリンとティアニーが復帰すれば解消されるかもしれない。そうすれば、通常通りボランチをCBの前に配置できるはずだ。

ルイスは相手の攻撃を食らった際後ろに向かって戻っていることが多いが、これは、CBの前に広大なスペースが広がっているからだ。

私は常にソクラティスとルイスというのは最良の組み合わせではないのではないかと危惧してきた。だが、エメリがMFをサイドに送り込むせいで中央に残るのはCB二人とジャカのみという事態になってしまい、CBへの負担が非常に大きいのは事実だ。

もちろんだからといって、ルイスとソクラティスに全く日がないというわけではないが、それでもCBのクオリティと戦術の相互作用という見方は出来る。とはいえ、そこまで悲観的になる心配はないのかもしれない。アーセナルの将来を支えるCBはもう揃ってきているのだから。

(Source: https://arseblog.com/2019/09/sympathy-for-the-devils/)

海外記事

アーセナルが5-0でノッティンガムフォレストに快勝したことで、ファンはファーストチームの選手たちへの疑念をより強めることになった。今季のアーセナルの守備は最悪と絶望的の間を行き来しており、ロブ・ホールディング、ティアニーやチェンバースへの期待は高まりつつある。

また、同時にベジェリンも復帰し、直後にアシストで貢献した。彼はファーストチームからの不在が選手の評価を高めるという良い例だ。怪我の前までは彼に対する意見はより割れていたが、今や”キャプテンに相応しい選手”にまで評判は上がっている。

ホールディングはこの日キャプテンマークを腕に巻いて得点したが、この布切れは最近大いに話題となっている。エメリがキャプテンの発表を遅らせたのはジャカを取り巻く批判がひと段落するのを待っていたのではないかと思われる。

チェンバースはヴィラ戦でのゴールに続いてこの試合でもアシストを量産して評価を上げ、彼をファーストチームで使うべきだという声は高まっている。一方で、現在のルイスとソクラティスのパートナーシップは爆発するカスタードパイのようで、この中にホールディングを放り込むのは気を付けなくてはならない。

長期離脱から復帰したばかりの選手は注意深く出場時間を調整しなくてはならない。疲労により怪我を再発させてしまう選手は多いからだ。だが、チェンバースならばその心配はなく、即座にルイスとソクラティスのどちらかを替えたいのであればより現実的なオプションになるだろう。

しかし、チェンバースが目を引いたのはその攻撃面での貢献によるもので、ヴィラ戦では簡単なミスを犯したりもしていた。もちろんこれを理由にチェンバースの活躍に価値がないというつもりはないが、チェンバースをCBで起用せよ、という声はどちらかというとファンの『今のチームは酷すぎるので誰でも良いから違う選手を起用しろ』という気持ちを反映したものにすぎないように思える。

アーセナルはシュコドラン・ムスタフィを起用して2試合連続でクリーンシートを記録したが、彼の起用を熱望する声はそこまで高まっていない。恐らく彼はもうファンの心から投げ捨てられてしまったのだろう。

そして、リーグカップやヨーロッパリーグと比べてプレミアリーグは非常にインテンシティが高いということも留意しなくてはならない。ヨーロッパリーグの初戦はそこまで気合いが入らないのは当然だし、フォレストはエミレーツでの試合に際して6人の選手を前の試合から交代させていた。

フォレスト戦とフランクフルト戦の二試合で、アーセナルには素晴らしくエキサイティングな若手が揃っていることは明らかになった。ユナイテッド、チェルシー、アーセナルは現時点でシティとリバプールに遠く及ばないということを認め、数年後に彼らに挑戦できるように次世代の選手たちの育成を始めているようだ。

これはアーセナルでも簡単に見て取れる。ゲンドゥージ、トレイラ、サカ、ネルソン、ウィロック、マルティネッリ、そしてエンケティアやサリバといった選手たちがアーセナルの将来を支えるだろう。ベジェリンやホールディング、ティアニーといった選手たちもまだ十分に若い。

(source:
https://arseblog.com/2019/09/sympathy-for-the-devils/ )

明日の後編に続きます

オリジナル

今季からついにプレミアリーグでも導入され、いろいろと物議を醸しているVARですが、先日Jリーグでの導入も決定されましたね!どのような条件でVARが介入し、あるいはVARが介入しないのか、そして介入する場合はどういう扱いになるのか、プレミアリーグの公式ページを参照しながらまとめてみました。

(出来るだけVARに関するルールを精確に読み取るよう努めましたが、もしかすると解釈が間違っている可能性もあります。また、これがそのままJリーグでも全く同じとは限りませんのであしからず。)

海外記事

アーセナルは公式にキャプテンを発表することなくここまで来ており、またエメリが言っていた5人のキャプテンすら決まっていない。恐らく、前者の決断はグラニト・ジャカがファンの批判の最前線に立たされていることで複雑になっているのだろう。

ワトフォード戦でジャカがアウェイファンにあいさつに出向いた時、ファンからは罵声が浴びせられたらしい。もちろん、この試合のアーセナルの酷さを考えれば、一過性のものの可能性もあるが、ヴィラ戦でジャカが退いた時にジャカに向けられた非難は少しどころではなかった。