海外記事

昨夏、アーセナルの選手獲得の方針の中心はある程度経験豊富な選手だった。昨シーズンにCL出場権を取り戻すつもりだったからだ。だが、そこから12か月経ち、膨れ上がる給与と限りある予算の中で、その方針は見直されたようだ。

海外記事

ダニ・セバージョスのレンタルでのレアルマドリードからのアーセナル加入がついに発表された。ベルナベウではあまり出場機会が得られなかったが、彼は、エメリのチームに新たな一面を加えるエキサイティングなタレントだ。

先日のユーロU-21でも、彼はその能力を余すことなく披露していた。長距離からのシュート、素晴らしいアシスト、きらりと輝く足技を見せ、中盤をコントロールしていた。彼はスペインのキャプテンを務めてトロフィーへと導き、これは、彼の獲得レースを巻き起こすこととなった。

オリジナル

いよいよ最終編です!コシェルニーに関してや、終盤の大失速、フロントも含めたクラブとしてのアーセナルについて語って締めくくりです!

もしよければパート1パート2と併せてお読みください!

オリジナル

昨日、アーセナルにとって非常に衝撃的なニュースが飛び込んできました。信頼と安心のオーンスティン氏がアーセナルがニコラ・ペペを80Mでの獲得間近であるとツイートし、同時にその詳細をBBCラジオで語ったのです。

その前から報道は出ていましたが、夏のアーセナルの予算は45Mとされており、ザハに関しても言えますが、移籍金が80Mの選手を獲得できるわけない、と一蹴する見方が大半でした。ただ、今回はソースがオーンスティン氏ですので、非常に信憑性は高いのではないかと思われます。24-48時間以内に成立するのであれば成立する、と見られているので、楽しみに続報を待ちましょう。

今回は、そんなニコラ・ペペがどのような選手なのかまとめてみました。

オリジナル

今回は、守備陣を主に振り返ったパート1の続きで、中盤やアーセナルの攻撃の形に関する話がメインとなっています!

オリジナル

今回はフットボリスタラボをはじめとした戦術界隈で活躍し、アーセナルファン界では戦術的知見に関してのツートップと名高い、 polestarさんとせこさんのお二人にアーセナルのシーズンを対談して振り返ってもらう、という企画をお届けします!

中々の長さなので、3つのパートに分割してお届けする予定です。セバージョスとサリバの公式発表が来てしまったので、もしかすると間にセバージョス記事が挟まる可能性がありますがご容赦ください笑

実は、話を持ちかけた際は、本当は昨シーズン振り返りではなくてシーズンプレビュー企画のつもりだったんですが、内容が多そうだったのでとりあえず今回は昨季を振り返って整理したうえで、また八月上旬位にシーズンプレビューを、ということになりましたので、また2週間後くらいにそちらもお届けしたいと思います。