海外記事

フルタイムのホイッスルが吹かれ、チェルシー戦の敗北が決定した瞬間、多くの選手たちが地面に倒れこみ、スタジアムの時間が一瞬止まった。敗北の笛がいつも引き起こすように、風船から空気が抜けるように、スタジアムからエネルギーが抜けていくのが感じられた。

海外記事

この記事は昨日の前編の続きとなっています

アーセナルのプレスのタイミング

水曜日の試合は、2つの部分に分かれていた。前半はアーセナルはハイプレスを展開したが、後半にはアーセナルは疲れ、深く構えていた。前半のプレスは非常に統制が取れていた。

あまり機会は多くはなかったが、ユナイテッドが自陣より前でボールを保持した際には、アーセナルは442のような形でコンパクトに構え、エジルとラカゼットが一列目の守備を担当した。

子の守備の形のカギは二つあった。まず、ライン間を出来るだけコンパクトに保つことだ。これにより、ユナイテッドを外に追いやるまたは、リスクの高いドリブルやパスに追いやることができる。

第二に、相手がボールを保持した際に自由を与えないという点だ。中盤にボールが来た際には相手がターンする前にトレイラあるいはジャカがつぶしに行き、ボールの後退を強いた。サイドでもナイルズとコラシナツが同じ方針でプレイしていた。

そして、ボールが後ろに下げられた、あるいは横パスが出された瞬間にアーセナルはプレスを開始した。この図のオーバメヤンのように、マグワイアからの横パスを予期してプレスのスイッチを入れていたのだ。

カウンターへの対処

トランジション。エメリのアーセナルはこれに対処できなかった。ユングベリは問題を見つけたものの、修復はできなかった。そして、アルテタ体制となってからも、チェルシー戦の終盤ではカウンターから失点してしまった。

では、アーセナルは水曜日に国内でも最も危険なカウンターを展開するチーム相手にどのように対処したのだろうか?

ナイルズが中央寄りのポジションをとることが多くなったのは注目を集めているが、この戦術のユニークさは、ナイルズが中央でパス交換に参加できるというだけではなく、ボールを失った際の対処にもある。

ナイルズとトレイラとジャカの3センターのような形になることが多く、これにより、ポゼッションを失った直後の守備力は増していた。

以前のアーセナルは一人あるいは二人でピッチの横幅の全てをカバーしなくてはならなかったが、突如としてアーセナルは相手の攻撃を遅め、相手を再度に追いやったり、カウンターに備えることができるようになったのだ。

基本的にはボールに最も近い二人、オーバメヤンとラカゼットがボール奪取に走る一方で、その後ろでルイスとソクラティスの前を3人がカバーすることができる。

特に、アーセナルが得点した場面でもこの形は機能していた。結局この備えは必要にならなかったものの、常にナイルズ、トレイラ、ルイス、ジャカはカウンターに備えて相手に注意を払っていた。

アーセナルがこれを続けることができれば、カウンターに対する守備力は格段に上がることだろう。

私が思うに、以上の4つの点がアーセナルの最も大きな課題であり、これらに対する回答をアルテタがいかに素早く用意してきたかというのには感銘を受けている。

もしアーセナルがこのままポゼッションの精度を上げ、ハイプレスをかいくぐり、かつ自分たちではより機能するプレスを展開し、そしてカウンターにも備えられれば、素晴らしいチームになることだろう。

海外記事

アルテタの時代がついに始まり、アーセナルはユナイテッド相手に2-0での勝利を収めた。あけましておめでとう!

ウナイ・エメリの18か月とユングベリの数週間を経て、アーセナルは新たな監督の元、新たなアイディア、新たな指示、そして新しいパターンが始まった。

ボーンマス戦とチェルシー戦ですでにポジティブな兆しは見えていたが、結果はついてこなかった。だが水曜日にはついに、結果も得られた。今回は、1試合にフォーカスするのではなく、アルテタのチームの何が機能し、初勝利につながったのがか分析してみたいと思う。

アーセナルのビルドアップ

一言でいえば、忍耐強く、後ろから、冷静に、とうことになる。エメリ時代も忍耐強くはあったものの、目的が感じられず、ミスに追い込まれることが多かったが、アルテタ下では選手は常にオプションが与えられ、より期待が持てる。

ここまでのところアーセナルがボール保持時には前と後ろで5-5に分かれることが多く、左サイドのコラシナツあるいはサカは、ビルドアップ隊から外れ、サイドでオプションとなって、相手のMFを相手取り、ジャカへのプレッシャーを軽減する役割を果たす。

左サイドではジャカがルイスの横まで下りてくることが多いが、逆サイドのナイルズは、サイドに残り相手を押し広げることもあれば、中央に入って数的優位を演出することもある。

ジャカが中央に残ることもあり、この場合はルイスがよりダイレクトに中盤にボールをパスすることができる。

だがより重要なのは、これにより、相手を広げられ、アーセナルの選手のボール保持時のオプションが増えるということだ。

ルイスとジャカは二人とも、ライン間をブレイクするパスを生かして輝いており、コラシナツやオーバメヤンの深い位置での走り込みを利用して、より時間を得ることができる。

右でボールを回し、最終的に左のルイスとジャカにスイッチする、というパターンもよく見られている。特に前半、ナイルズが落ち着いてボールをキープし、ドリブルで前に進むという脅威をちらつかせながら、最終的に時間とスペースが与えられてルイスにボールを預ける、という場面が目立った。

アルテタは初練習で『相手をひきつけ、その逆でプレイするんだ』という指示を出していたが、このパターンはすでに実践に移されている。

ボール保持時にアーセナルはどう相手を攻略するか

上の例はアーセナルがどのように後ろから組み立てていくかを示しているが、さらに前線では、前の5人がスペースを作るべくいろいろな工夫がなされている。

ユナイテッド戦での5-5の分かれ方は顕著に見て取ることができた。まず、コラシナツとペペを両サイドに置き、横幅を広く使おうという意図が見えた。

ラカゼットは後ろに降りてきて、そこでボールをキープしたり、相手選手たちの相手をするが、一方で、オーバメヤンはその空いたスペースにワンビサカを連れて走るため、左はコラシナツの独壇場となっていた。

Athleticのジェームズが指摘した通り、これはアーセナルがウォームアップの時から練習していた動きで、このパターンを狙う場面は何度か見られた。ラカゼットは何度もジャカにコラシナツを狙うようシグナルを出していたし、コラシナツをマークしようとすれば今度は逆にラカゼットについて中盤に降りてくる余裕があるのかと考えあぐねることになった。

先制点の場面ではオーバメヤンが中に入り、その後ワンビサカの裏でボールを受け取り、リンデロフをつり出すことに成功していた。

コラシナツがうちに入って再びボールを受けた際には、ガナーズの三人の選手(フロント5のうちの残りの3人)がボックス内でボールを待っており、スペースをもってボールを受けられたのはペペだった。

これは、アンリが語っていた、グアルディオラの戦術とも通じるものがある。彼はサイドチェンジを好まず、逆サイドに流れることを許されていなかったそうだ。ファイナルサードでは自由が与えられていたが、それまでは厳密にプランを遂行することを彼は選手たちに求めたのだという。

今回アーセナルが見せた攻撃と、アルテタのシティでの3年半が偶然の一致だとは考えづらい。

(後編に続きます)

海外記事

たったの3試合で、アルテタはアーセナルに革命を起こしてしまった。今季最高といってもいいパフォーマンスで元日にユナイテッドを撃破したのだ。

アルテタの元初先発となったペペが得点し、ハーフタイム直前でソクラティスもゴールを決めた。アルテタは彼のチームが美しいサッカーを見せてプレスをかけて試合を支配するのをベンチから見守った。

以下に、この試合から分かった5つのことを見ていこう。

海外記事

ミケル・アルテタがアーセナルの新監督に就任して2週間程度が経った。監督は未経験だったとはいえ、ここまでのところはほとんど完璧に近いといってもいい印象を残している。

アルテタに何を期待できるのかは誰も知らなかった。確かに、シティでの実績とグアルディオラの評価を引っ提げてやってきはしたが、それでもトップレベルでの監督経験のない37歳で、しかもまだ選手をたった3年半前に引退したばかりだ。