海外記事, 選手採点

ヤングガナーズの躍動!!ウィロックとブカヨ・サカの大活躍!

海外記事

ウナイ・エメリの今季のタスクはシンプルだ。アーセナルをどんな方法ででもいいからCLに連れ戻すことだ。昨季は惜しくも逃したが、今季はその過ちを正そうと監督は思っていることだろう。

アーセナルは夏の移籍市場で良い立ち回りを見せ、今度は監督とピッチ上の選手たちがその成果を見せる番だ。今回はそれを達成するためのアーセナルのファーストチームのスタッフたち23人を紹介していこう。

監督: ウナイ・エメリ

セビージャで3度のヨーロッパリーグ優勝を成し遂げ、PSGでも指揮をとったこの男を紹介する必要ないだろう。

アーセン・ベンゲルの後継者として2018年にエミレーツに3年契約で連れてこられた。とはいえ、当時のトップはガジディスで、体制は一新しているので、サンジェイとエドゥを改めて自身が適任だと説得して見せる必要がある。

アシスタント: フアン・カルセド

Embed from Getty Images

カルセドはエメリからの信頼が厚い副官で、アルメリア時代の2006年にエメリとは知り合った。

彼が選手としてプレイしていた時期には、アトレティコマドリードやニースといった7つのクラブでMFとしてプレイした。彼は、バレンシア、モスクワ、セビージャ、PSGと常にエメリと行動を共にしている。

エメリの自伝の著者によると、二人は『互いの心をよく知り、だが同時に常に新しいことを学ぼうとしている』のだそうだ。

アシスタント: フレディ・ユングベリ

Embed from Getty Images

選手時代の実績のおかげで、アーセナルにユングベリがコーチとして帰還した際にはすでに人気があった。プレミアリーグを二度、FA杯を三度優勝し、インビンシブルの一員でもあり、コーチ陣の中でもロールモデルとされている。

引退以降ユングベリはアーセナルのU-9やU-15、そしてU-23の監督を務め、ヴォルフスブルクでのアシスタントコーチ経験もある。

エンケティアやウィロックといった選手たちを育てた実績が評価され、この夏トップチームのスタッフに昇格した。

コーチ: パブロ・ヴィラヌエヴァ

Embed from Getty Images

ヴィラヌエヴァもまた、長くエメリと共に仕事をしている一人で、セビージャ時代からずっとエメリが行く先々でコーチを務めている。

一度はコルドバで、Bチームの監督からの昇格という形で2013年に監督も務めたが、2014年にセビージャでエメリに加わり、それ以降は常にエメリのコーチングスタッフの一員となっている。

選手時代はレアルマドリードのユース出身で、その後5つのクラブをスペインで渡り歩いた。

GKコーチ: サル・ビッボ

Embed from Getty Images

サル・ビッボは選手時代はシェフィールドやクローリー・タウンなどイングランドを旅してまわっていた。ノースロンドンにコーチとしてやってくる前はGKコーチをレディングで務め、エメリが監督に就任して以降もアーセナルに残留することとなった。

ファーストチームのGKの指導だけではなく、ユースチームのGKをトップチームに適応させるという仕事も担っている。

GKコーチ: ハビ・ガルシア

Embed from Getty Images

ハビ・ガルシアはグラナダで2013年までアシスタントを務めていたが、その後セビージャでエメリのGKコーチとなった。彼はPSGでもそのままGKコーチを務め、今も彼の最も信頼するコーチの一人となっている。

パフォーマンス長: シャド・フォーサイス

Embed from Getty Images

フォーサイスは2014年にアーセナルに加わった。彼は、10年間ドイツ代表で仕事をしており、W杯優勝時のコーチ陣の一人でもあった。その前は、アメリカのオリンピックセンターでの経歴を持つ。

彼はエミレーツで医療面、フィジカル、そしてコンディションを総合的に統括する仕事を与えられている。.ガジディスと共にミランへの引き抜きの噂もあったが、残留することとなった。

メディカル長: ギャリー・オドリスコール

Embed from Getty Images

オドリスコールは2009年にアーセナルに加わり、2017年に現在の地位に昇格した。彼は以前はアイルランドのラグビーチームのチームドクターを務めたベテランだ。

最近は新加入選手のメディカルや、ケガに関するコメントをしたりとファンの前に姿を現す機会も増えている。

スポーツサイエンティスト: トム・アレン

Embed from Getty Images

トム・アレンはアーセナルに2017年にアストン・ヴィラから移籍している。

彼はバーミンガム大学のスポーツ運動科学科を卒業後、インターン生としてヴィラに加わった。そしてその後スタフォードシャー大学で大学院にも行っている。.

彼は今はアーセナルでいかに怪我を抑え、かつピッチ上での競争力を高められるか分析する立場にある。

(明日の後編に続きます)

オリジナル

結果だけを見れば、苦手のアウェイでワトフォード相手に2-2の引き分け、というのはそこまショッキングではないのでしょうが、下位の相手に被シュート数31というアーセナル史上ワースト記録を達成、かつワトフォード史上最多記録を手助けしてしまったりと、戦術的に見て不可解なまでの大敗北を喫してしまったことは、アーセナルファンに大きな衝撃を与えました。

また、それはこの試合に限ったことではなく、昨季から既に被シュート数の多さとアーセナル自体のシュート数の少なさは指摘されていましたし、今季ここまで被シュート数96というのはプレミアリーグワースト記録で、平均で一試合当たりなんと20本近くシュートを打たれていることになります。

もちろん、まだシーズンは始まったばかりで今すぐ何かアクションを、という意見はそこまで多くありませんが、アーセナルファンの間でもウナイ・エメリ監督の手腕に疑問符が付き始めています。

個人的にはまだ少し時期尚早なのではないかとも思いますが、今回はなぜウナイ・エメリ監督のアーセナルにファンが不満を募らせているのか、考察していきたいと思います。

オリジナル, 選手採点

ディーニーが欠場するとワトフォードに勝てなくなるアーセナル。

動画/インタビュー

(この記事は昨日の前編の続きとなっています。今回はセバージョスがアーセナルのチームメイトや監督、そして英国での生活について語っています)

『僕らは優れたコンパクトなチームで、3トップの3人が違いをもたらしてくれる。オーバメヤンはマドリード時代のロナウドのような存在で、点を獲るために生まれてきたような選手だよ。彼の存在はチームにとって非常に大きい。ペペもダイレクトで良い選手だし、中でも最高なのはラカゼットだ。彼はサッカーのことを完璧に理解しているし、チームにとてつもなくたくさんのものをもたらしてくれる。

これらの選手たちをどうやってチームに組み込むかには監督も頭を悩ませているだろうね!この4試合でまったく同じスタメンを監督は一度も起用していないと思うし、そのおかげで選手たちは安穏とはしていられない。

トッテナム戦では僕はベンチからのスタートだったけど、役割はわかっていた。エメリは僕のことをよく知っているし、僕に自分を表現して、そしてさらに多くのことをもなんで欲しいと考えている。僕はまだ若いし、サッカーに対して情熱的だ。トップ下でもボランチでもプレイ出来るけれど、チームを引っ張っていく責任を感じている。難しい時にもボールをもらって、隠れずにチームを前に進めるんだ。

これが本当に良い選手の生み出せる違いだ。チームが苦しい時にも、ここにいるぞ、っていうことができる。

僕は常にハッピーにプレイできるよう心掛けている。自身の能力を引き出す最善の方法は楽しむことだ。僕らはボールを保持するチームだから、僕にとっては快適だ。今季の後半には最高の僕を見せられると思うよ。

僕は敵と向かい合って違いを創り出そうとするタイプの選手だ。僕は”デセクイリブリオ”を提供できる。(注: デセクイリブリオを翻訳するのは難しい。これは、固まった戦術やフォーメーションを崩し、試合のバランスを傾ける、などといった意味合いだ。)

確かに、僕は時々ボールに触りたいという気持ちが先行し過ぎてポジションを外れてしまうことがある。まだまだ改善の余地はあるね。でもこれは経験を積めばよくなっていくはずだ。エメリは僕を信頼してくれている。彼が僕に電話をかけてアーセナルで大きな役割を果たせると説得してくれたんだ。僕は彼のスタイルが好きだよ。

監督が信頼してくれているとき、良いパフォーマンスを見せるのはより簡単になる。だからこそ、僕は彼にその恩を返したいんだ。サッカー選手だって普通の人と同じように感情がある。苦しい時間には精神的に強くいなければならない。

まだ4試合だからはっきりとはわからないけど、クオリティとフィジカルでは最も競争の激しいリーグだ。最も高いスタンダードがあり、要求も多い。僕も適応する必要がある。』

それはピッチ外でも同様で、セバージョスの母親はあまりイングランドを楽しみにしていないようだが、本人は違うようだ。

『レイエスはスペインを出るのに抵抗があったようだけどね、僕は大丈夫だよ。僕のサッカー選手としてのキャリアなんて15年くらいのものだ。ピッチ上で幸せなら他の子とは関係ないよ。』

セバージョスの母親も近々ロンドンに引っ越す予定で、また大学卒業を控えているセバージョスのガールフレンドも彼と一緒に援護を勉強しているのだという。TVも英語しか流さないようにしているそうだ。すぐに会話は出来るようになるだろう。毎回スペインに帰るときにはスーツケースにハムをいくつか忍ばせて持って帰ってきているようだが。

天気については、全く気にならないというのは8月にいうのは簡単だが、2月に話を聞こうじゃないか、というとセバージョスは笑って言った。

『確かに天気に関しては色々忠告を受けたよ。笑 でも、僕はイングランドのサッカーを愛している。今までにこんなものを見たこともなかった。アウェイでプレイしても何千ものファンが応援してくれるんだ。

雨が降っても雪が降っても構わないよ。クリスマスに3日に一試合をこなすのが楽しみだ、素晴らしい経験になると思う。もちろん一年後に僕がどう考えているかまではわからないけれど、今は幸せだよ。イングランドのファンは僕と同じように試合を観る。僕は彼らと同じようにサッカーを愛している。彼らは選手のことを尊敬している。

選手にとって必要とされている、と感じられることは大切なんだ。彼らに拍手をすれば、彼らは拍手を返してくれえる。』

そして、彼らは時々選手の名前を歌ってくれる。それがホームでのデビュー戦だったとしても。

(Source:
https://www.theguardian.com/football/2019/sep/12/dani-ceballos-arsenal-real-madrid-hardly-any-difference-anfield )