海外記事

ここまでくれば、ウナイ・エメリの監督就任がアーセナルにとって間違った選択だったというのはあきらかだ。真相はわからないが、それでもアーセナルフロントはエメリが自分の価値を証明するための時間として、今季の残りをエメリに与えるつもりなのだという。

海外記事

先週私は、エメリがチームにもたらすメンタリティいかにアーセナルと相性が悪いかについて書いた。エメリは確かにコミュニケーション力は高くないが、それでも、良くない結果にもかかわらず、チームが彼の指示を遂行しており、プラン通りの試合を行っている、という点を一貫して主張してきた。

そして、今週もまた、レスター相手に枠内シュート一本い終わった試合に関しても『がっかりしているが、選手の姿勢は良かった。ゲームプランをきちんと遂行してくれた』と試合後にコメントしていた。

そして、 『レスターが一点目を決めた際に、我々が試合で何かを成し遂げるという機会はなくなってしまった』ともコメントし、 彼のゲームプランはヴァーディが得点を決めた瞬間に崩れてしまったと認めた。

エメリのもとチームの変革は望めず、それを証明するかのようにエメリ自身がそれを我々に教え続けてくれているのだ。エメリがこのままエメリらしくいるのであれば、彼にいつまでアーセナル監督の座を許し続けるのかは、ジョシュ・クロエンケ、ラウール・サンジェイ、そしてエドゥ・ギャスパーの責任だ。

多くのサポーターが、レスター戦の敗戦を受けてエメリの解任は早まっただろうと予測、あるいは願った。だが代わりに、ファンを迎えたのはオーンスティンが報じたクラブは100%エメリを信頼しているという報道だった。さらに悪いことに、クラブはサポーターの不満を”ノイズ”だととらえているのだという。

KSEがアーセナルの所有権を握って以降、常にアーセナルは口だけはうまかった。昨年ベンゲルとガジディスは去り、エドゥとサンジェイがアーセナルの未来を象徴するかのように、夏には素晴らしい取引もまとめ上げた。

だが、この一連の報道を見る限り、またしてもファンはうまく騙されていただけのようだ。それが、オーンスティンが報じた『クラブは現在のプロジェクトが健全で、”外部の空気感(訳注=ファンのこと)”が障害とならない限り、成功するだろうと信じている』一文に表れている。

ピッチ内でアーセナルにリーダーが欠けているのは今に始まったことだが、アーセナルファンにとっての悲しい事実は、ピッチ外でもクロエンケがアーセナルを所有している限り、リーダーシップを欠き続けるだろうということだ。

エメリは自身の瑕疵を若手を起用する方針のせいにして逃げ続けており、一方クラブの上層部はファンに真っ向から喧嘩を挑んできた。

ジャカがサポーターのフラストレーションの矛先になり、サンドバッグのような扱いを受けたのは非常に不幸な事件だったが、そもそも、アーセナルの一番の問題は(本来は単なる事務的な手続きで済ませられたはずなのにエメリが対処を間違えたせいで問題は悪化したとはいえ)、ピッチ上のキャプテンではない。ピッチ外でクラブを導く存在がいないことが問題なのだ。

私が思うに、ついにファンの間で、KSEは現状のアーセナルに満足しており、ファンのことを収益を上げるために面倒だが機嫌を取らなければならない存在ととらえている、という認識が広がりつつあるようだ。

この認識は、サポーターの間での楽観と希望を消し去り、怒りと無関心をもたらす。誰がどのような意図で上の情報をオーンスティンに流したのかは知らないが、完全なる悪手だった。ジャカの一件でアーセナルファンをつつけばどのような目に合うか、クラブ上層部は学習すべきだったはずなのだが。

究極的には、これが続いていけばクラブのコアな魅力であるはずのアーセナルの試合を見るという経験はその魅力を失っていき、 ‘スタジアムに空席が目立つようになるだろう。

競争力のないチームが退屈し、怒ったファンを前にしてサッカーをするところなど誰も見たくはないし、チケットは売れなくなるだろう。KSEが次に何か情報を流す際には、もう少し慎重に言葉遣いを考えるべきだ。

(Source: https://www.unibet.co.uk/blog/football/premier-league/arsenal-will-always-lack-leadership-while-stan-kroenke-is-running-the-show-1.1305008 )

海外記事

アーセナルにとっては多くのことが起こった数日間だった。Athleticのデイビッド・オーンスティンがクラブは”100%”エメリを支持しており、ファンが今季募らせている不満を”ノイズ”だとクラブがとらえているようだと報じたのだ。

そして、その後同じ人物か、あるいは違う誰かなのかはわからないが、その直後にオーニーにまたしても違う情報を提供し、今度は彼はアーセナル内部の誰かがオーバメヤンにAFTVのプレゼンターの一人Troopzとの交友をやめて欲しがっているという記事を発表したのだ。

海外記事

もしよければ前編中編も併せてお読みください

海外記事

レスター戦の選手採点はなしです!(この記事は前編の続きとなっています。)

モウリーニョ

二度のCL制覇と三度のプレミアリーグ制覇を経験しているモウリーニョは、良くも悪くも最も話題になっているエメリの後継候補だろう。だが、彼がアーセナルにフィットするとは思えない。

サンジェイ、ヴィナイ、エドゥの三人はアーセナルの魅力的なサッカーを行うサッカークラブとしてのイメージを向上させようとしているが、モウリーニョはそれとは真逆の一歩だ。

ネガティブで、意見が分かれ、高額な選手獲得を要求する。ベンゲル時代のアーセナルをすべて否定するような存在となるだろう。

中にはトロフィーをもたらしてくれるならばそれもやむなし、という意見のファンもいるのかもしれないが、クラブ上層部はそれとは異なる信念でクラブを運営しているはずだ。

そもそも直近の2クラブ、チェルシーとユナイテッドでは彼は何百億も費やしておきながら、成功の期間は非常に短かった。アーセナルにトロフィーをもたらせるかどうかですら、議論の余地はある。

ロペテギ

2018年には、ロペテギはスペインを復活させ、2018年W杯の優勝候補に押し上げた監督だった。W杯予選ではスペイン代表は無敗だったのだ。

だがその後、ロペテギはジダンの後をマドリードで継ぐことに同意し、それがリークされ、W杯直前で代表監督を解任された。これはスペインにとっても災難だったが、ロペテギのその後のマドリードでの時間も酷いものだった。

たった14試合を指揮しただけでレアルから見放され、その後彼はセビージャに移り、そこで指揮をとっている。

だが、ロペテギのスタイルはアーセナルにフィットすることは間違いない。彼は主に4-2-3-1あるいは4-3-3を用いて攻撃陣に自由にプレイさせることを好む。

スペインユース時代、そしてA代表でもイスコが彼にとってのカギとなる選手で、彼のようなキラーパスとドリブルを併せ持つ選手がロペテギのスタイルを象徴している。

レアルマドリードではイスコを活かしきれず、トロフィー獲得歴はないものの、セビージャでは安定しているようだ。

総合的に見て、スタイル的にはアーセナルにあっているが、トップレベルで結果を残している監督というわけではないという点で少しリスキーなチョイスだといえるかもしれない。

アッレグリ

アッレグリは優秀な戦術家として知られ、4-4-2, 3-5-2, 4-2-3-1などのバラエティ豊かなシステムを柔軟に使いこなすことが出来る。

アッレグリのチームはボール非保持時は基本的に強固なブロックを形成し、ピッチの中央を固めることが多い。

9年で13のトロフィーを獲得という優秀なイタリアでの成績のおかげで2018年にはアーセン・ベンゲルの後継者の第一有力候補と見られていた。

アルテタ

2018年のベンゲル候補者リストには元アーセナルMFのミケル・アルテタも含まれていた。

アルテタはもうすでに4シーズンにわたってマンチェスターシティで、グアルディオラのアシスタントを務めている。

シティが最初のタイトルを獲得した2018年に、サネとスターリングの能力を最大限に引き出した功績は良く知られており、グアルディオラ自身も、アルテタが彼の後を継げばシティで成功を収めるだろうと太鼓判を押している。

『彼は既に素晴らしい監督の資質があるし、将来成功を収められると思うよ。彼はまだ若いのに、ビッグネームの選手たちを扱う経験があり、遅かれ早かれ監督になるだろう。

時々私と意見が異なることはあるが、それを参考にチームを変えることが出来ることはそれはポジティブだし、彼はシチュエーションを読むのがとてもうまい。

ミケルの仕事への姿勢も素晴らしく、分析力も凄いんだ。私を大いに助けてくれているよ。』

重要な試合を左右するのはほんの少しの違いを見つけ出す能力ということは往々にしてよくあることだが、その点ではアルテタは素晴らしい監督になる素質を備えているといえそうだ。

彼は2018年の時点ですでにエメリに次ぐ候補と目されていたし、元アーセナルの選手でもあり、チームに成功と攻撃的なサッカーを取り戻してくれるだろう。

唯一不安なのは、ここまでアシスタントコーチとしての経験しかなく、チームのトップとしての経験が不足していることくらいだろうか。

(後編に続きます)

海外記事

ウナイ・エメリのアーセナル監督の座が危うくなっている。パフォーマンスは悪く、エミレーツには空席が目立つ。試合の空気は毒を含んだものになってしまい、結果も出ていない。

報道によれば今すぐに、というわけではないようだが、ファンの不満は高まってきており、ついに彼らは後任が誰がいいかという話をし始めている。