海外記事

(この記事は前編の続きとなっています。)

その問題のうちの一つがユナイテッド戦でアルテタが初勝利を挙げた直後のルイスとソクラティスのインタビューで明らかになった。

海外記事

大体ブログのコツみたいなサイトを見るとタイトルは~文字以内で!みたいなことが書いてあって、今回は流石に長すぎるかなと思ったんですが端折る部分が見当たらなかったのでそのまま直訳しました!笑

解説者として評判の高いジェイミー・キャラガーがアルテタに対して疑いを抱いていたことをみとめつつそれを覆されたと率直な評価を語る記事です。前半は多少辛辣ですが、後半は大絶賛です!

動画/インタビュー

アーセナルとあまり直接の関係はないんですが、時々公式サイトでアップされる”In my own words”という選手がキャリアを振り返る、みたいなインタビューがあるのでそちらを今回は訳してみました!

海外記事

アーセナルが得点をオーバメヤンに頼り切っているというのは皆が知っている事実だ。彼は今季のガナーズの全ゴール中の48%をあげている。

また、ラカゼットは不調に陥っており今季5ゴールしか挙げられていない。したがって、アルテタはオーバメヤンの出場停止に伴って大きな問題に直面することになる。

オリジナル

もちろんアルテタはアルテタ自分なりのやり方で自身の監督としてのスタイルを確立させることを目指しているのだとは思いますが、先日のDAZNの放送でも繰り返し触れられていた通り観る側でもどうしてもなんとなくペップらしさを感じてしまったり、また同時にベンゲル監督を彷彿とさせる点も多くあります。

そして、ファンが見たいと感じているのもペップ&ベンゲルのいいとこどりのような監督像なのでしょう。というわけで、今回は個人的にアルテタのペップらしいと感じる点、ベンゲル監督らしいと感じる点をまとめてみました。

海外記事

明らかになり始めるアルテタらしさ

今季初めて、アーセナルはプレミアリーグの試合で二戦連続同じスタメンを起用した。これに一月までかかってしまったというのは確かに心配だがアルテタのもと、より明確でくっきりしたチーム像が見えてきた、あるいは目標は見えてきた、ということはできるだろう。

非ボール保持時には4-4-1-1、そしてボール保持時には2-3-5になる4-5-1が基本的なフォーメーションで、トランジション時にはハイプレスを仕掛け、素早いパス交換から深い位置からのビルドアップをし、エジルを右のハーフスペースで使うというのがアルテタアーセナルの狙いだというのが明らかになりつつある。

エメリが抱えていた最も大きな問題は混乱を招く指示で、おそらくこれはチームをいじりすぎることが原因だった。エメリは柔軟なチームに仕上げたかったようだが、やりすぎてチームは何をすべきなのか全くわからなくなってしまった。

痛々しいほどに明快さを欠いていたのだ。だが、アルテタは明確なプランを持っており、もしかすると、これはうまくいくプランなのかもしれない。