オリジナル, 選手採点

ユングベリのほろにがデビュー!

オリジナル

記念すべきフレディ・ユングベリの初陣の日にネガティブな論調の記事を書くのは本来ならば避けたいところなのですが、やはりこのままレジェンドの監督就任&解任ブーストで色々なことがうやむやになってしまう前に、今回のエメリ監督解任を巡るアーセナルフロントの対応を振り返っておきたいと思います。

海外記事

7試合勝利がなかったアーセナルだが、フランクフルト戦の敗北が最後のひと押しとなった。エメリの後任として、昨季U-23の監督だったユングベリが暫定監督としてアーセナルを率いることになる。

エメリのもと最近のアーセナルのパフォーマンスはどんどん悪化していっていたが、ユングベリはアーセナルのどのような点を改善していく必要があるだろうか。

オリジナル

にわかにアーセナルの監督事情が騒がしくなってきましたが、現在メディアで上がっている候補者たちをプロファイリングしてみました。まだまだどの候補が本命なのかがわかるほど話が進んではいなさそうなので、詳しい戦術などに立ち入った話はせず、基本的な情報を紹介していきたいと思います。

(あくまで主観に基づく個人的な評価となります。)

海外記事

ベンゲル時代の最後の数年間はアーセナルファンを大いに消耗させた。監督退任をンぞ夢想にとっては非常にフラストレーションがたまる時期だったし、逆にアーセンを信じる層にとっては彼を取り巻く毒々しい空気に胸を痛めることになった。

アーセン・ベンゲルがクラブを去ることで初めて、多くのファンが苦痛から解放されたのだ。