オリジナル, 選手採点

ついに待ちに待った開幕戦となりました!例年アーセナルは開幕戦の成績があまり芳しくなく、かつ去年鬼門だったアウェイ戦ということで、どうなるかと思われましたが、若干怪しい場面もあったものの何とか勝利となりました。しかもクリーンシートということで、昨季のシーズン通算のアウェイでのクリーンシート記録(1)に既に並びました。笑

オリジナル

波乱に満ちたこの夏の移籍市場が閉幕し、ついに2019/20シーズンを迎えるアーセナルのスカッドが確定しました!今後も国外クラブへの売却は出来ますが、フリーエージェントを除けばもう新戦力の獲得は出来ません。今夜に開幕戦のニューカッスル戦も控えていますが、今年の夏の移籍市場を総括していきたいと思います。

海外記事

アーセナルがCBのオプションとしてダビド・ルイスを獲得すると予想できた人は誰もいなかっただろう。 今回の状況は、彼が2016年にチェルシーに戻った時と非常によく似ている。チェルシーはついにクリバリを獲得できず、移籍市場が残り48時間となったところでルイスがスタンフォードブリッジに帰還したのだ。

オリジナル

この記事は前編の続きとなっています。今回は、開幕スタメン予想や、エメリの思い描くチームの陣容、注目選手について語ります!最後に予言コーナーもあります!

この話をしていた時点では当然ながらイウォビが移籍するとはだれも予想していなかったので、イウォビがガンガン登場しております!アーセナルはこの穴を埋められるでしょうか。

海外記事

ニコラ・ペペの獲得がついに公式発表された。この喜びは言葉で言い表すのが難しい。このような獲得が実現すると誰が想像しただろうか。彼は個人的にもファーストチョイスのウイングだったが、予算的にも、またアーセナルの最近の市場での動きを考えればこのよう選手を獲得するのは不可能に思えた。

だが、晴天の霹靂のようにアーセナルは野心と迅速な行動を見せ、この移籍をまとめ、サッカー界に衝撃が走った。

ペペは世界で最もオールラウンドなウインガーの一人で、彼こそがアーセナルの前線のジグソーパズルのピースだ。彼はエメリの思い描くチームを現実にするだろう。ニコラ・ペペがアーセナルにもたらすものを見ていこう。

オリジナル

プレミアリーグの夏の移籍市場もついに最終日間近ということで、残すところあと32時間となりました!(8月8日17時=日本時間の8月9日朝1時まで)

この夏は既にペペが来たということで最終日は静かになるのかなとも思いましたが、まだまだアーセナルは選手獲得を目指しているようで、ここ数日で色々な噂が出ており、久々にお祭り騒ぎのデッドラインデーとなりそうです。獲得の噂が上がっている選手をまとめました。