海外記事

あまりありえなさそうな話だが、またしても、ジョゼ・モウリーニョがウナイ・エメリの後任の候補として噂に挙がっている。

スペイン方面の報道によると、彼自身がアーセナル再建の仕事に興味を示しているというのだ。モウリーニョは2018年にユナイテッドに解雇されて以来、監督職には就かず、TV解説者としてのキャリアを送っている。

海外記事

あなたの上司が良い上司なのかそうでないのかを判断するのはそこまで難しいことではない。それは他の人々や従業員、顧客、そして部下であるあなた自身への態度に表れる。

オリジナル

この記事は、昨日の前編の続きとなっています

オリジナル

パレス戦ではジャカの一件の衝撃が大きすぎて、そちらにもっていかれた感はありましたが、ホームの試合にもかかわらず、メスト・エジルがまたしてもベンチ外となっていました。

誰に非があるのか、などといった話以前に、最初にエメリとエジルの確執の話が報じられたのはもう一年以上前ですから、未だにこの問題が解決されておらず、チーム最高給を得ているスター選手が干され続けるというのはクラブの金銭面、イメージ面にとって非常にマイナスなことはまちがいありません。

今回はエジル、エメリ、アーセナルフロント3者の立場を整理しつつ、この件に関して考察してみたいと思います。

オリジナル

チームの不調と相まって、選手個々のパフォーマンスについて語ることにどれだけの意味があるのか、という感じになりつつあるので、今回はたまには趣向を変えて、振り返りという形で気になるポイントをピックアップして書いてみました!