海外記事

過去三年間、アーセナルにとってヨーロッパリーグがチクチクと痛むとげのような存在であ他ことは間違いない。経済的にも打撃を与えるし、選手を惹きつけるブランド力も低下するのはもちろん、木曜日と日曜日に試合が増えるのはサポーターと選手にとってストレスのもとだ。

また、特にヨーロッパリーグのグループステージの無意味さは筆舌に尽くしがたい。

海外記事

ニューカッスル戦の前のインタビューでアルテタは『失われたアイデンティティ』について語った。流麗なパスワークとスリリングなアタッキングフットボールがクラブが成績を上げるうえでカギになるだろうと話していた。

オリジナル

まだ今後も続けるかどうかは不明ですか、Youtubeで配信始めました。

特に中身のあることは何も話していませんが、ゆったりした感じでやってますので作業用BGMなどにもしよかったらどうぞ。

こういう話や企画をしてほしい、もっとちゃんと何話すか筋道立てて決めてからやれ!などなど要望や叱咤激励など何かありましたら教えてください。

オリジナル, 選手採点

オーバメヤン!ペペ!エジル!ラカゼット!

帰ってきた俺たちのアーセナル!

オリジナル

確か以前、まだアーセン・ベンゲル監督時代にアーセナルファンになるべき3つの理由、のような記事を書いたと記憶しているのだけど、そこから時は流れ、エメリ、フレディ、アルテタと監督は変わりCL出場権を争っていた時代から打って変わって気づけばアーセナルは11位に沈んでいる。

だが、こんな時でもアーセナルは魅力的なチームで、今回は2020年にもアーセナルファンになるべき理由を3つ挙げてみた。

海外記事

この夏もまた、アーセナルは2010年代に彼らがハマったのと同じ罠にまたしてもハマろうとしている。それは、選手の契約切れだ。

エジルとアレクシスの契約を巡る問題、そしてラムジーがフリーでユベントスに去ってしまったことをアーセナル上層部は教訓とすべきだった。

サンジェイ自身が、『選手を契約の最終年に突入させてしまったのが問題だった。選手を放出するつもりがある場合を除いて、我々は、選手の契約が最終年に突入する前に契約延長を行わなければならない。もしそれが不可ならば、売却もやむを得ないということだ。』と昨年コメントしている。