海外記事

7試合勝利がなかったアーセナルだが、フランクフルト戦の敗北が最後のひと押しとなった。エメリの後任として、昨季U-23の監督だったユングベリが暫定監督としてアーセナルを率いることになる。

エメリのもと最近のアーセナルのパフォーマンスはどんどん悪化していっていたが、ユングベリはアーセナルのどのような点を改善していく必要があるだろうか。

オリジナル

にわかにアーセナルの監督事情が騒がしくなってきましたが、現在メディアで上がっている候補者たちをプロファイリングしてみました。まだまだどの候補が本命なのかがわかるほど話が進んではいなさそうなので、詳しい戦術などに立ち入った話はせず、基本的な情報を紹介していきたいと思います。

(あくまで主観に基づく個人的な評価となります。)

海外記事

ベンゲル時代の最後の数年間はアーセナルファンを大いに消耗させた。監督退任をンぞ夢想にとっては非常にフラストレーションがたまる時期だったし、逆にアーセンを信じる層にとっては彼を取り巻く毒々しい空気に胸を痛めることになった。

アーセン・ベンゲルがクラブを去ることで初めて、多くのファンが苦痛から解放されたのだ。

オリジナル

どういう文脈だったかは忘れたが、昔読んだ本の中に『どうして空は青いの?』『では空が緑色だったら君は満足するのかい?』というやり取りがあったのが印象に残っている。

もう流石にエメリ率いるアーセナルがいかに攻守両面で機能不全に陥っているかについての記事は食傷気味だと思うので、今日は少し違った切り口から今のアーセナルの不調を分析してみようと思う。

つまり、アーセナルは本来どれくらいの成績を収められているべきなのか?という問いだ。恐らく今のアーセナルが期待を下回っていることは満場一致であるに違いないが、それでも、フェアに監督を評価するのであれば、そもそもどれくらいの期待が公正で、それをどれほど下回っているかの評価がなされるべきだろう。

アーセナルのリソースをもってすれば、本来どれくらいの順位でプレミアリーグを戦えているべきなのか、人件費、補強、監督給与、準備期間の4つの側面から考察していく。

オリジナル

具体的な言葉遣いまでは覚えていないが、アーセナルvsサウサンプトンの試合中に、DAZN解説の粕谷さんが『ベンゲルアウトを叫んでいた人たちがエメリアウトを叫んでいる』とコメントしていた。

これは全くもって事実に即していないと思う。とはいえ、あらかじめ明確にしておきたいが、別に粕谷さんを責めたいわけではなく、単純に事実を指摘しているだけだ。

オリジナル

今日の選手採点はなしです!

海外記事

今季のアーセナルはすべての点で昨季よりも後退しており、多くのアーセナルファンは代表ウィーク中の監督交代を期待していた。

しかし、ガナーズの上層部はそのつもりはないと明確に示し、従ってサウサンプトン戦でもエメリが指揮をとることになる。

オリジナル

おとといから投票をお願いしていた2010年代のベストイレブン決め企画ですが、既に投票数が1100以上になっていますので、そろそろ締め切りとしたいと思います。投票しくてださった皆さんありがとうございました!

では結果発表です!(得票数はこの記事執筆時点でのものなので、若干ずれがある可能性があります。)

オリジナル

2010年代のベストイレブンの投票を待つ間に、『アイツらは何だったんや』イレブンを考えてみました!もしベストイレブンにまだ投票していない方はこちらからどうぞ!