19/20 アーセナル選手紹介/シーズンプレビュー MF編

オリジナル

もしよければ、GK+CB編サイドバック編も併せてお読みください!

セバージョス

Embed from Getty Images

年齢: 23
国籍: スペイン
FIFAレーティング: 81(ポテンシャル88)

先日圧巻のエミレーツデビューを飾り、アーセナルファンを虜にしたスペイン人MF。これでまだ23歳になったばかりという若さなのだから将来が非常に楽しみである。とはいえ、レアルからの一年レンタルでの加入なのでこの先もアーセナルに残ってくれるかはわからないわけなのだが。

だが、そんなことも吹き飛ばすくらいに魅力的な選手で、いかにもスペイン人らしい華麗なボールさばきやターンを武器に、仮にアーセナルでプレイ出来るのが一年だけでも獲得した価値は十分にあると言えるのではないだろうか。

こういう選手がレアルで燻っているのを見るに、やはりレンタルというのも捨てたもんではない。エジルと同時起用すると残る一人の中盤(恐らくトレイラ)の負担が半端ではないことになりそうなので、両立できるかはわからないが、まあそのあたりを考えるのは当然ながら監督の仕事なのでファンとしては今季のセバージョスに大きな期待を寄せたい。

ジャカ

年齢: 26
国籍: スイス
FIFAレーティング: 81(ポテンシャル84)

フルメンバーがそろった試合ではキャプテンマークを巻いての出場となり、恐らくエメリの考えるキャプテン候補現状ナンバーワンだと思うのだが、八月の移籍市場が閉まってから正式なキャプテンは任命する、と監督は語っており、まだ100%の信頼は寄せきれない、ということなのだろうか。

敗北を喫したアウェイ戦でもファンにきちんと挨拶する姿を見せたりと、性格やメンタリティ的にはキャプテンとしての素質は十分だと思うのだが、やはりどうしてもキャプテンは毎試合スタメン出場するもの、というイメージがあるのでキャプテンに任命してしまうとジャカを中心にチームを組み立てなくてはいけなくなりそうなのがちょっと・・・そこまで中心的な選手かと言われると、、、ということだろうか。

左足の精度は高く、アーセナルのビルドアップの中心となるだろう選手だが、やはり機動性を欠くのがネックか。

ゲンドゥージ

年齢: 20歳
国籍: フランス
FIFAレーティング: 74(ポテンシャル: 86)

ネルソンやウィロックといったユース選手に陰に隠れがちだが、ゲンドゥージも未だに20歳で、ほとんど同世代、この年で昨季はすでにレギュラーと言ってもいい出場機会を得ており、このまま今季もそれを継続しそうなのだから末恐ろしい。

ジャカが浮き球で地上戦を完全にスキップしてボールを通せる選手だとすれば、ゲンドゥージの真骨頂は逆に地上でのプレス回避にあると言える。ガンガンタックルで削りに行けとまでは言わないので、もう少し守備に気を使えるようになればさらにワンレベル上の選手になれそうだ。

もちろんアーセナルで大活躍して欲しいのは当然だが、将来的にビッグクラブに移籍、などとなった場合でも莫大な移籍金を残してくれそうな選手ではある。ミスリンタートさん様様。

ウィロック

Embed from Getty Images

年齢: 8/20で二十歳
国籍: イングランド
FIFAレーティング: 63(ポテンシャル81)

ネルソンと並んで今季大注目のアカデミー選手の一人。レンタルで武者修行してきたネルソンとは対照的に国内カップ戦やヨーロッパリーグで地道に出場機会を積み重ね、ついに今季ファーストチームで開幕から二試合連続でスタメン出場となった。

昨年まではほとんどプレミアリーグでは出場がなかったため仕方ないとは言えるが、FIFAの63という数字は流石に低すぎではないだろうか。笑

パス、ドリブル、フィジカル、足の速さ、と全て90点くらいの高いレベルで備えているという印象。ここまで既にオールラウンドに申し分のない活躍を見せているが、昨年はユーストップチームを問わず得点も多く獲っていたのでそろそろ得点が見たいところ。

ラムジーと似た感じで、スペック的には攻撃力が高いので2列目向きっぽいのだが、3列目から走り込ませた方が点はたくさん獲りそう、という面白い/難しい選手なのかもしれない。

トレイラ

年齢: 23
国籍: ウルグアイ
FIFAレーティング: 82(ポテンシャル87)

コパ・アメリカの影響でチームへの合流が遅れ、コンデションも整わずということでまだ出場機会はほとんどないが、冷静に周りを見渡してみると、守備のやる気がありそうな選手がほとんどいないため、恐らく今季もアーセナルの中盤の守備を一手に引き受けることになるだろう。

というか、トレイラが怪我したらどうするのだろうか、チェンバースかルイスあたりをスクランブル起用で乗り切るのだろうか。

昨季は終盤にかけて少し失速したとはいえ、こちらもまだ23歳と非常に若いので、ゆっくり成長し、プレミア二年目となる今季の活躍に期待したい。

エジル

年齢: 30
国籍: ドイツ
FIFAレーティング: 85(ポテンシャル85)

プレシーズンでは恐らく一軍メンバーとみられる布陣でスタメンをはり続けていたが、件の襲撃事件の影響、そして風邪ということで序盤の2戦は欠場した。アメリカへの移籍が噂されたり、フロントが売却したがっていると噂されたりと、いつまでアーセナルに居てくれるかわからないが、やはりペペが一緒にプレイしたい選手として真っ先に名前を挙げたことからも分かるように、チームへの影響も大きいはずだし、もう一度輝くところが見たい。

昨季は不本意なシーズンとなってしまったが、今季こそはと燃えているだろう。非常にソリッドで機能的なドイツ代表が逆にエジルのような選手がいないと単調になってしまうのと逆の理屈で、アーセナルがわちゃわちゃしすぎていてエジルが輝けない、というのはあると思うので、何とかエメリ監督にはエジルが活躍できる環境を整備して欲しいところ。簡単な仕事ではないだろうが。

エルネニー、スミス=ロウ

昨年の期待の星だったスミス=ロウは一転怪我に悩まされ、今季開幕にも間に合わない、という事態となってしまった。復帰にはまだかかりそうなので、恐らくレンタルもこの夏はないだろう。

とはいえ、シーズン前半はカップ戦やヨーロッパリーグのグループステージもあるのでそれなりに機会はあるだろうし、ゆっくり怪我を治し、調子を取り戻してほしい。

まだ19歳になったばかり(学年的にはネルソンやウィロックより一つ下)と若い選手なので、焦ってまたケガをするような事態だけは避けたいところ。

エルネニーに関しては、どうやら完全に戦力外の様相を呈しているので、恐らくムスタフィと同じくこの夏の放出が既定路線ではないだろうか。

広告