【アーセナルのターゲット】ベン・ホワイト スカウティングレポート 後編

移籍海外記事

前編はこちら:

パス能力

ファイナルサードのボックス手前の位置から、ベン・ホワイトはオープンなスペースに向かってアタッカーへの良いボールを入れることが出来る。

上のスパーズ戦でのパスの画像の通り、結果的に味方には繋がらなかったものの、彼はファイナルサードではハイリスクハイリターンのパスを試みるタイプの選手だ。

このように、ゴール前のフォワードまでボールを届けられるようなCBの存在は、アーセナルの得点力不足解消に一役買ってくれるに違いない。彼は左へのパスことも出来るので、左から走るオーバメヤンにチャンスを演出することも出来そうだ。

ルイスと同じように、ホワイトはハーフウェイラインから隙あらば前線のスペースへのボールを届けることが出来る。これにより、ホワイトがいるチームは中央にスルーパスを通させてくれないローブロックを敷くようなチーム相手を攻略することも出来るようになるし、一試合当たり2,3チャンスを多く創出できるだろう。

もしチームにモペイではなくオーバメヤンがいれば、このチャンスはより有効活用できるはずだ。

何より重要なのは、ホワイトのパスのクオリティ自体というよりも常に彼がそういったパスを狙っているという点だ。スパーズ戦ではロリスに拾われ繋がらないパスを出すこともあったが、それでもスパーズの最終ラインのオフサイドトラップに乱れがあると見るやその隙をつこうとしていた。

ロブ・ホールディングはどちらかというとサイドチェンジを試みたり、あるいは前にパスを出すときでもより手前を狙うことが多い。

ベン・ホワイトにはこのような傾向はなく、どちらかというとパスが強すぎることはあるが、基本的にはターゲットにきちんとパスを届けることが出来ることが多い。

空中戦

ベン・ホワイトの最大の弱みの一つヘディングで、身長は悪くないにもかかわらず、空中戦にあまり強くない。とはいえ、守備側にどちらかと言えば有利なコーナーキックの守備くらいであればこなすことはできる。相手に跳ね飛ばされてもファウルを主張できるし、ボールに触れればキープしなくともただクリアするだけで良い、という状況だからだ。

理想的には、カルバート=ルインやバンフォードといったFWに対処するためにはもう少しアーセナルでホワイトにはフィジカル面を強化してもらい、かつジャンプ力も鍛えて欲しい所だ。

上の場面ではホワイトは空中戦に勝てず、セカンドボールを拾われてしまった。ボールの軌道を読み違え、バランスを崩した状態で競り合いに臨むことになったからだ。

だが、これはどちらかというとノウハウの問題で、どちらかというと空中戦を主体としないチームでこれまでプレイしてきたことによるものなのかもしれない。もしかすると、今後のトレーニング次第で改善できる可能性はある。

アーセナルではどこでプレイすることになるか?

ウィリアム・サリバは過去2シーズンは左CBとしてプレイしており、アーセナルでも左でプレイする方が良いだろう。2年前のリーズでのブレイクしたシーズンからずっとホワイトは右を主戦場としているため、そちらでのプレイとなるはずだ。

この場合、アーセナルには恐らく2-3-5を用いるために、中盤をカバーしボールを前に進められる新たな右サイドバックが将来的には必要となるはずだ。

左CBのファーストチョイスはガブリエルであれば、ネヴェス、あるいはビスマあたりが左CBに落ちてビルドアップを助ける3-2-5型を用いる必要があるかもしれない。出場する選手に応じて異なるシステムのチョイスがあるというのは悪いことではない。

ここまでのアーセナルは中盤のコンパクトさを重視するゲームプランで試合に臨んできた。CBとCMFがソリッドな四角形を作り、サイドバックが自由にオーバーラップあるいはアンダーラップが出来るという形だ。

アーセナルに置いてのこのコンパクトさという概念をより具体的に言うと、どんな状況においても、相手に数的優位を作られるのを避けるために、4人の守備者が必要だが、その役割にCB2人とCMF2人を選ぶという事だ。

これにより、相手チームは中央を突破することが出来なくなり、ボールを前に進めるにはサイドに展開する必要が出てくる。だがその間にアーセナルのウイングあるいはサイドバックが相手の攻撃を遅らせるあるいは止めることが出来るというわけだ。

まとめ

ベン・ホワイトは興味深い選手だ。技術が高く、俊足で、ビエルサとポッターのもと培われた戦術眼もある。だが、彼は守備を愛するような選手ではなく、かつパワーも不足しているので空中戦は改善の余地がある。とはいえ、これはたんに置かれたチーム環境の問題だったという可能性もある。

彼はダビド・ルイスの代役となる選手で、能力的には良い後継となるはずだ。自力で攻撃を始めることが出来るし、ボールを運ぶ力が高く、ロングボールも出せる(両足を使うことも出来る)。

もしもう少し手ごろな額で獲得できるのであれば、彼がさらに良い獲得なのは間違いないが、イングランドA代表の23歳のCBで、まだまだ今後成長の余地がある選手に40-50m£というのは悪くない補強になるだろう。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137