アーセナル夏の移籍の噂まとめ 2021 その2

移籍

その1はこちら:

ユーロが始まって若干静かになった感もありますが、移籍市場も公式にオープンしこれから夏本番、という感じでもありますので、ここまでのアーセナルの移籍の噂をまとめてみました。

%はいつものごとく、ただの勘なので、大した信憑性はありませんのであしからず。

ウーデゴール: 20%

まずすでにアーセナルにローンで在籍していた選手から。アーセナルがブエンディアの獲得を見送った際にも、どうやら攻撃的MFの最優先ターゲットはウーデゴールのようだ、と一貫して言われていましたが、ここにきてアスレチックがウーデゴールは現段階ではレアル・マドリード残留の可能性が高く、アーセナルは代役を探す必要がある、と報じています。

アーセナル側がウーデゴールの完全移籍、あるいはもう一年ローンという形での獲得を望んでいるのは間違いなさそうですが、レアル・マドリードは会長の意向次第みたいなところがあるので、今後何が起こるかはわからないものの、ウーデゴールが来季アーセナルでプレイする可能性はそこまで高くないのかもしれません。

ライアン: 40%

同じくローンでソリッドな第二GKとして十分なプレイが出来ることを示したライアンの完全移籍での獲得をアーセナルは狙っているようです。

ライアン自身がアーセナルファンという事もあり、第二GKとしてでも来てくれる可能性はかなりありそうだとは思うものの、やはりプレミア経験豊富なGKという事で他クラブも狙っているようで、懸念はそれなりに競争になりそうな点でしょうか。

フェキル: 5%

遥か昔、フランス時代からアーセナルが興味を持っていると報じられてきた選手であり、今回も2列目のオプションとして考慮されているとスペイン紙ASが報じています。

ただし、GOALのチャールズ・ワッツ記者は以前は検討されていたものの、現時点で候補リストには入っていないとも報じているので、実現の可能性はかなり低そうで、他に第一希望の候補は異なる選手がいそうです。

マディソン: 10%

トーマス・パーティ獲得報道でその信憑性が明らかになった皆さんおなじみAFCBellが突然アーセナルがマディソン獲得に興味を持っているようだ、とツイートしていました。

もし実現すれば素晴らしい補強になりそうですが、ホームグロウンでまだ残り契約は3年残っており、しかもライバルのプレミアクラブ所属、これからキャリアのピークを迎える年齢という事で、かなりの額の移籍金が必要になりそうですが、アーセナルの金庫にはそんなにお金が眠っているのでしょうか。

そもそもマディソン本人がアーセナル移籍を望むのか、というのも少々懸念でもあります。

ただし、AFCBellは今後英国メディアがこのうわさを否定するかもしれないが、アーセナルがマディソンに興味を持っているのは間違いない、と言っていますのでかなり自信があるようです。

ホアキン・コレア: 5%

イタリア方面からアーセナルはラツィオにすでにコレア獲得尾のファーを出して断られている、という報道が出ていましたが、その他のところでは一切報じられていないので、信憑性はあまり高くなさそうです。

ロカテッリ: 5%

同じくイタリア方面から、ロカテッリを狙っているという話もありましたが、ディマルツィオ記者によると、ユベントスのトップターゲットらしいので、仮にアーセナルが狙っていたとしてもなかなか難しそうです。

ベン・ホワイト: 50%

突然出てきた噂ではありますが、アーセナルの移籍市場の報道信憑性ランキングナンバーワンでおなじみ、オーンスティン氏が報じているので、アーセナルがブライトンのベン・ホワイト獲得に向けて動いているというのはかなり確実だと思われます。

移籍金は40-50m£程度という事で、CB獲得にこの額を費やす用意があるという事は、もしかするとこの夏のアーセナルは思ったよりも資金に余裕があるのかもしれません

ロコンガ: 60%

元々は地元ベルギー方面で報じられていましたが、同じくオーンスティン氏がこちらもアーセナルがアンデルレヒト所属のMFロコンガ獲得に向けてオファーを出したのは事実、と報じていたのでかなり信憑性はありそうです。

13m£程度のオファーが拒否されたものの18m£くらい出せば獲得できるだろうとアーセナルは考えているそうで、そこまで高額にはならなさそうです。

プレミアリーグ未経験、まだ21歳という事で即戦力になるかはわかりませんが、久々にかつてのアーセナルらしい選手獲得の噂だなあ、という印象ですね。

ネヴェス: 30%

オファーを出した、と報じられてから全く進捗が報じられませんが、こちらは恐らくジャカの去就が決まるの待ち、という感じなのかもしれません。ロコンガはあくまで将来性なども含めての獲得で、ネヴェス(あるいはその他のCMF)に加えて獲得、という形で合計2人のCMFを獲得しようとアーセナルは考えているのか、興味深い所です。

タイラー・アダムズ: 10%

最近に限って言うと、唯一右サイドバックで噂が出たのがこちらのライプツィヒ所属のアメリカ代表アダムズです。アスレチックによると、中盤としてもプレイできる点にアーセナルは魅力を感じているそうです。

それなりに可能性はありそうですが、そこまで話が進んでいる感じでもないので、アーセナルは右サイドバックをそもそも獲得する必要/予算があるかどうかも含めて現在検討中、という感じでしょうか。

ビスマ: 10%

一時はアーセナル入り目前か??という勢いでしたが、最近は完全に静かになってしまいました。どうやらアーセナルの最優先のターゲット、というわけではないようです。とはいえ高く評価はされているようなので、他のターゲットの獲得可否次第で今後進展があるかもしれません。

ライアンといいホワイトといい、この夏はブライトンの選手獲得の噂が多いですね。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137