アーセナル移籍の噂 2020夏【獲得編】その3

移籍

移籍市場も残り一か月を切り、だいぶターゲットも絞られてきた感があります!

トマス・パーティ: 40%

もう再三再四記事にしているので詳しい解説はしませんが、報道の感じでは、未だにアーセナルはトーマス・パーティ獲得を目指しているようで、最優先ターゲットという噂も出ています。

競合があまりない、あるいはパーティ自身が移籍するならアーセナル、残留でも別に構わない、と言ったような姿勢でいるようなので、アーセナルとしても契約解除条項(50m€)を満額支払いさえすればアトレティコ側も引き留めることはできないので、そういった意味では最後まで引っ張っても獲得可能性は消えなさそうではあります。

ただ、とはいえもうシーズンは開幕しているので、本当に獲得を狙っているのであれば出来るだけ早めに決めてほしい所ではあります。

フセム・アワール: 40%

そしてこちらもアーセナルが狙っていることはもう公然の秘密といっていいのがアワールです。パーティはどちらかというとサンジェイ&カジガオ体勢からずっと狙ってきた、という感じですが、アワールに関してはどうやらアルテタが熱望しているようです。

一度ゲンドゥージ+キャッシュでオファーを出して以降は動きは今のところないようですが、CLでの活躍でこの夏の移籍が確実視されていましたが、そこまでオファーが殺到しているというわけでもなさそうです。

矢張り市場の状況もあってか今のところリヨンも売却が進んでいないため、アーセナルがリヨンが飲まざるを得ないレベルのオファーを出せれば普通に実現しそうではあります。

契約解除条項は設定されておらず、リヨンは60m€程度を要求するだろうと言われていますが、一方でこちらは恐らく移籍金を一括で準備しなくても良い、というメリットがアーセナルにとってはあります。

正直パーティの獲得・アワールの獲得に関してはどちらの噂もなかなか盛り上がっており、どちらが本命なのか読めないですね。

ルーナソン: 50%

一方対照的に今回彗星のように初登場!移籍が決まりそうなのがこちらのルーナソンです。アストンヴィラ移籍がほぼ決まっているとされるマルティネスの後継としてアーセナルが白羽の矢を立てたようです。

25歳のアイスランド人GKでフランスのディジョンに所属しています。ちなみにFIFAレーティングは70、ポンテンシャル75となっています。

マルティネスに比べると流石に見劣りはしますが、移籍金は1.5m£程度と言われており、第二GKに出来るだけお金を使わず他のポジションの補強に回す、というのはチームとしては良い判断ではないでしょうか。

リーグアンで36試合に出場というのは第二GKの実績としてはまずまず、と言ったところの気がします。

ダビド・ラーヤ: 10%

こちらも同じく第二GK候補としてアーセナルが獲得に動いていたようです。24歳のスペイン人GKで、ブレントフォード所属、現アーセナルのGKコーチがブレントフォードからやってきたスペイン人、という縁でかつての教え子の獲得をクラブに進言したのでしょうか。

ただし、報道ではブレントフォードではラーヤを手放すつもりはないと言われており、ブレントフォードに気を変えさせるのはアーセナルとしては高くつきすぎる、という判断でしょうか。

ただ、ラーヤは直近の試合をベンチ外となっていましたので、もしかするともしかするかもしれません。

オドソンヌ・エドゥアール: 5%

前々からアーセナルが興味を持っているらしい、という噂は出ていたセルティック所属の187cm、22歳のフランス人ストライカーです。先日ゲンドゥージと並んでフランスのアンダー代表でも試合に出ていました。

既に始まっているスコットランドリーグでも今季4試合で4ゴール1アシストと素晴らしいスタートを切っており、ポテンシャルは抜群、かつ移籍金もそこまで高くなさそう、と良い獲得になるだろうとは思います。

ただ、FWの獲得はラカゼットの去就と連携しているような気がするので、アーセナルがオファーを出した、のような噂も出ていましたが、ラカゼットは今のところ移籍の話が進んでいる様子でもないので、この夏に彼の獲得に動くのは少し奇妙に感じます。

万が一断り切れないほど好条件のオファーが舞い込みラカゼット放出となったケースに備えてのリサーチ、といった感じなのでしょうか。

ドラクスラー or ゲイェ: 5%

ここにきてのまさかのドラクスラー!懐かしい顔ぶれが久々に登場です。

シャルケ時代は毎年アーセナルに来ると噂になっていました。デビューが若かったので大分昔から居る印象ですが、まだ26歳で、左サイドも中盤に万能に出来るタイプの選手となっているようです。

こちらはアーセナルが獲得を望んでいるというよりも、PSGがゲンドゥージの獲得についに動き出しており、その取引に含める形でドラクスラー、あるいはゲイェをオファーしている、という噂です。ただし、ドラクスラー自身は残留をのぞんでいるという話です。

今噂が出ている(また明日にでも放出編もまとめます!)ソクラティス(4m)トレイラ(25m?)マルティネス(20m)の移籍金でパーティあるいはアワールの移籍金にほんの少しだけ達しない、くらいを捻出できるので、もしゲンドゥージがアルテタのプランに今年も含まれていないのであれば(本人はやる気があるようですが)、これはこれで興味深い取引になるかもしれません。

ただし、この辺りは選手たちの思惑も絡んでくるので難しい所です。恐らく実現可能性はあまり高くないでしょう。

その他の移籍関連の記事はこちらから:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137