選手採点 アーセナル vs ノッティンガム・フォレスト(A) FA杯 by arseblog

考察arseblog,海外記事

レノ: 6

何本か良いセーブを見せた。

セドリック: 3

冨安とのクオリティのギャップはグランドキャニオンほどのサイズだ。

ホワイト: 5

悪くはなかった。パス先を必死に探したが動いてくれる選手が居なかった。

ホールディング: 3

アーセナルのキャリア史上ワーストクラスのパフォーマンス。

タヴァレス: 4

30分で交代となってしまった。パフォーマンスは良くなかったが、交代はプレイの質というよりも、守備時に下がらなかったりといったり、試合がうまくいかないことへのリアクションが理由であるように思われる。

ロコンガ: 5

丁寧にボールを保持したが、それ以上のことはあまりできなかった。

パティーノ: 5

彼を批判することは出来ないが、それでもまだ彼にトップレベルでプレイする準備が出来ていないのは明らかだった。もう少し時間をかけて経験を積ませる必要があるだろう。

ウーデゴール: 5

何本か良いパスを見せたものの、チーム全体で前線での動きが足りず、あまり輝けなかった。

サカ: 5

一本エンケティアに良いチャンスを演出したものの、サカですら今日は苦しんだ。

マルティネッリ: 5

フォレストのスペンス相手にタフなバトルを強いられた。結果的には対戦相手に軍配が上がったと言えそうだ。

エンケティア: 4

良い一日とは言えなかった。良いチャンスを一本逃してしまい、またしても訪れた機会を掴めなかった。彼はアーセナルのストライカー問題の解決策には見えない。

交代選手 ティアニー: 5

タヴァレスに代わって入ったが、大きな違いは見せられなかった。

ラカゼット 5

特にインパクトは残せなかった。

コラシナツ: 採点なし

採点するには出場時間が短すぎるが、なぜこのタイミングで彼を投入する必要があったのだろうか。

source(当該サイトの許可を得て翻訳しています):

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137