選手採点 アーセナル vs リーズ(H) カラバオ杯第4ラウンド by Evening Standard

選手採点海外記事

レノ: 7

アーロン・ラムズデールに代わって出場を果たしたが、その役割を立派に果たした。前半にはジェームズやハリソンを止める良いセーブを見せた。

セドリック: 6

隙を見ての上りも見せたし、守備面でもソリッドで、全く問題なかった。

ベン・ホワイト: 8

アーセナルのベストな選手の一人だったが、彼が負傷でピッチを去ったのは大きな痛手だ。ボールの持ち上がりは特に素晴らしかった。

ホールディング: 7

ホワイトの隣で心地よさそうにプレイした。相方と同じく、時折良いボールの持ち上がりも見せたし、守備においてもガブリエルの代わりを十分に果たした。

コラシナツ: 6

タヴァレスのプレイと比べると若干見劣りしてしまうものの、総合的には悪くなかった。試合終盤ではCBも務めた。

エルネニー: 5

献身的に走り回ったものの、ボール保持時に苦戦した。恐らくナイルズの方が序列は上だろう。

メイトランド=ナイルズ: 8

アーセナルで中盤でプレイした中では最高の試合の一つだったのではないだろうか。ボール奪取が素晴らしく、ボール保持時にもチームに貢献した。

ペペ: 5

結果的にアシストはついたものの、フラストレーションの溜まるパフォーマンスだった。ファイナルボールの質を欠いた。

スミスロウ

アストンヴィラ戦ほどの活躍は見せられなかった。リーズはスミスロウを静かに抑えてみせた。

マルティネッリ: 6

試合が進むにつれて少しずつ良くなったものの、かつての姿ではない。冬のローンも考慮すべきかもしれない。

エンケティア: 7

最近出場機会を失っていたことを考慮すると、かなりシャープだったと言える。プレスに積極的で、後半には得点も決めた。

交代選手 チェンバース: 7

ベンチから登場し、ファーストタッチでいきなり得点を決めた。CBとしても良いプレイを見せた。

(ラカゼット、ロコンガ、タヴァレスは出場時間が短いため採点なし)

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137