選手採点 アーセナル vs クリスタル・パレス(H) プレミアリーグ 2021/2022 第8節 by Evening Standard

選手採点海外記事

アーロン・ラムズデール: 7 マンオブザマッチ

ホーム戦でGKがマンオブザマッチというのがこの試合を物語っているが、何度か素晴らしいセーブを見せ、ボール配給も良かった。

冨安健洋: 5

1得点目の場面では、ペペと良い連携を見せたものの、その他の点では平凡な試合だった。加入直後と同じような輝きは見せられていない。

ベン・ホワイト: 5

何本か後ろからの素晴らしいパスを見せたものの、パレスのアタッカー相手に後ろに下がってしまい、自由にやらせる場面もあり、守備面で良い試合とは言えなかった。

ガブリエル: 5

代表選前のヒーローのようなパフォーマンスは鳴りを潜め、クリスティアン・ベンテケにうまく対処できなかった。

ティアニー: 6

恐らく守備面で最もよかった選手だが、これは他のDFのパフォーマンスを物語っている。前に上がっていく場面もあり、クロスバーに当てた場面もあった。

スミスロウ: 6

他のアーセナルの選手と同じように、少し不調だったかもしれないが、それでも他のMF2人よりはよかった。

パーティ: 4

本来の姿ではなかった。ボールを簡単に失うシーンが目立ち、失点につながった。

ウーデゴール: 5

ブライトン戦と同じように、ベストなパフォーマンスとはいいがたかった。ボールタッチとパスの両方が乱れることがあり、これはウーデゴールらしからぬプレイだった。

サカ: 5

最高ではなかったが、悪かったというわけでもなかった。やはり明らかに右でプレイする方が心地よさそうだ。ハーフタイムで交代となった。

オーバメヤン: 7

上手く得点を決めたし、ボール非保持時のプレスも良かった。最近と比べるとよりシャープに見えるし、それはラカゼットが登場してからさらに際立った。

ペペ: 5

序盤は好調で、一点目を演出したが、その後陰ってしまった。フラストレーションの溜まる一夜だった。

交代選手 ロコンガ: 5

中盤を変えるために登場したが、それは成し遂げられなかった。パレスの2点目につなげるボールロスもしてしまった。

ラカゼット: 7

非常に調子が良さそうに見え、登場とともにアーセナルは良くなった。ギリギリの同点弾も決めた。

(マルティネッリは出場時間が短いため採点なし)

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137