選手採点 アーセナル vs ノリッジ (H) プレミアリーグ 2021/2022 第4節

選手採点

冨安健洋がいきなりデビュー!
アーセナルのプレミアリーグ、ついに開幕。

GK

ラムズデール: 6

ノリッジから飛んでくる枠内シュートが多くなかったこともあり、そこまで目立ったセーブがあったわけではないがソリッドにプレミアリーグデビュー戦でクリーンシートを達成した。

足元でボールを持った時のメンタリティ含め、ボール配給では今後に期待を持たせるパフォーマンスだった。次戦のGKが誰になるかは興味深い所だ。

DF

冨安健洋: 8

代表選から帰ってきて合流し、ほとんどチーム練習に参加する時間もないままいきなりプレミアリーグで先発となった。アルテタからの信頼の厚さがうかがえるが、それを正当化する素晴らしいパフォーマンスを見せた。

空中戦で8戦7勝と断トツでチームトップの勝利回数と驚異の勝率を記録したのをはじめ、地上でも1対1に簡単には負けない頼りになるところを見せ、アーセナル待望のきちんと守れるDFが加入したということを見せつけた。

攻撃面でも期待を抱かせるのに十分なプレイを見せ、今後連携が深まりチームになれるにしたがってビルドアップでの貢献も増えるだろう。

スピードもフィジカルも十分にプレミアリーグレベルにあり、総合的に見て非常に良いデビュー戦だったといえるのではないか。

ベン・ホワイト: 7

ボール保持時に素晴らしいプレイを何度か見せ、特に常に隙あらば前を狙っている様子なのは頼もしい。5本ロングボールを放ちそのうちの3本を成功させた。

守備面では来週のバーンリー戦が正念場といったところだろうか。

ガブリエル: 8

冨安とガブリエルの二人がそろって出場すればアーセナル早々簡単には空中戦にはやられないだろうと感じさせた。攻撃時には冨安の前でガブリエルがヘディングするような場面が二度あった。

失点ものの場面で素晴らしいスライディングブロックでチームの危機を救った。

また、パス数でもチームトップに立った。

ティアニー: 6

普段のティアニーと比較すると、そこまで目立ったわけではなかったが、ソリッドなパフォーマンス。果敢に前線へと上がり続けた。

MF

メイトランド=ナイルズ: 6

インスタグラムで移籍を直訴した次の試合で普通にスタメン、しかもMFとして、というのは想定外だったが、ふたを開けてみれば悪くない試合だったのではないか。少し雑なところも見せたが、アーセナルの中盤事情的にはローテーション要員は十分務められるところを見せた。右サイドバックとしてもプレイできるわけで、(ナイルズ本人がそれでよいのであれば)アーセナルにとってはナイルズの残留はユーティリティ性の高い選手がチームに一人増えたという意味でポジティブだろう。

ところで、フリーキックの壁の下で寝転ぶ役割を誰にするかというのはあれは監督が決めているのだろう。アルテタが『エインズリー、今日の試合では君に壁の下に寝転がったもらいたい。お願いできるか?』と話しているのだろうか。

ナイルズは出ている試合ではいつも壁の下で寝ているイメージなので、逆にナイルズが居ない試合で誰がやるのか揉めそうである。

ロコンガ: 7

シーズン開始から継続してプレミアリーグでも十分にやれるところを示してきているロコンガだが、今日もその例に漏れなかった。

若干最終ラインや中盤のパートナーとの連携で不安な部分はあったが、新加入選手が多いことを考慮するとそれは仕方ないだろう。5度のタックル成功を記録。

ウーデゴール: 7

しいて言うのであれば、ファイナルサードの最後の場面でワンテンポ遅いと感じさせる場面は何度かあったものの、それ以外は素晴らしく、相手守備陣を攻略するためのアイディアを見せ、守備にも献身的に走り回った。

FW

ペペ: 8

試合前半に何本か素晴らしいドリブルからコーナーを獲得し、試合を通して相手の脅威になり続けた。ファーストタッチは乱れる場面もあり、25度のボールロストと非常に多かったが、一方で得点も演出したりと何んともペペらしいパフォーマンスだったといえるのではないだろうか。

オーバメヤン: 7

バタバタっとした形だったが、上のペペの2連続ポストから最後に詰めていたのはキャプテンオーバメヤンだった。形はどうあれついにチーム初得点を挙げ、オーバメヤンが自信を取り戻せたのは大きいのではないだろうか。

得点シーン以外にも何度か惜しい場面はあった。

サカ: 6

時間が経つにつれてどんどん良くなったが、サカの基準からすると比較的静かな試合だったといえるかもしれない。後半は何度か良い形でスペースを見つける場面があった。

交代選手

パーティ: 7

途中出場ながらやはり別格であるところを見せ、素晴らしい縦へのパスで得点も演出した。

スミスロウ: 7

明らかにチームにポジティブなインパクトを与えた。素晴らしいチャンスがあったがクルルに阻まれた。

(セドリックは出場時間が短いため採点なし、ただし一つチームを救う素晴らしいブロックを見せた)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137