フェイエノールトへの移籍はリース・ネルソンにとってのラストチャンスとなる

考察海外記事

夏の移籍市場最終日に、リース・ネルソンはフェイエノールトへのローン移籍を完了した。

もし今後ネルソンにアーセナルでの対等の可能性があるとすれば、今回の移籍が最後のチャンスになるだろう。

この移籍が実現した背景には、多少の幸運も絡んでいた。フェイエノールトはマンチェスター・ユナイテッドのディアロ獲得に向けてプッシュしていたが、ディアロがけがをしたことで、ネルソンに代役としての白羽の矢が立ったのだ。

ただし、この時点でもこれは実現簡単な遺跡だったというわけではなく、ガナーズとの契約残り一年のみとなっていた。ローン移籍でフェイエノールト行に合意するためには契約延長の必要があるが、これはここまでアーセナルとネルソンが合意に至れていなかったものでもあった。

しかし、刻限が迫る中で、すべてがうまくいき、アーセナルとネルソンは1年の契約延長に合意し、アーセナルとフェイエノールトはローンの合意にこぎつけた。

トップレベルでサッカー選手として成功するには、往々にしてある程度の運が必要になるものだ。

ライバルの選手の怪我であったり、タイミングよくより年長の選手が放出になったり、あるいはたまたま自分をこう評価する人物が監督に就任したり。

どんなに才能にあふれていても、運のめぐりあわせのない選手はキャリアが上手くいかないこともある。

そして、そのような幸運に遭遇した時に、彼らがもっと多くの機会と港運に値すると示せるかどうかは、選手自身にかかっている。それが今のネルソンの置かれた状況だ。

今では忘れられているが、ほんの数年前、ネルソンは世代ナンバーワンクラスの高評価を受けていた。アーセナルのU-23チームをタイトル獲得に導き、シーズン最優秀選手のも選ばれた。17歳でチェルシー相手にデビューを果たし、その後ホッフェンハイムのローンでは素晴らしい得点力でクラブの記録を更新した。

イングランドU-21のレギュラーで、同世代ではジェイドン・サンチョと並んで次世代のイングらんを背負って立つ存在だとまで見られていたのだ。

だが、ここから19/20シーズンにはタイミングの悪い所で怪我をしてしまい、出場機会は得られなくなった。

アルテタが監督に就任し、ネルソン自身がローンを断りチームに残って戦うことを選んだが、結果として、より若いサカとスミスロウが台頭するのを見守りながらより序列を落としてしまうこととなった。

今季彼はプレッシャーを感じているだろう。今回のローン移籍は良いチャンスで、リーグで上位を争うチームである程度の出場機会が得られる可能性は高い。

だが、今季苦戦すれば、来季突然アルテタがネルソンをチームに組み込むとは思えない。何としてでも今季結果を残す必要がある。

いくつか得点やアシストを挙げ、フェイエノールトで活躍を見せられれば、アーセナルの監督は考え込むことになるだろう。また、結果的に移籍するとしても、ネルソンの立場はより有利なものになるはずだ。

ついにネルソンに再びチャンスが訪れた。必ずこれを掴まなくてはならない。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137