選手採点 アーセナル vs ウエストブロム(A) カラバオ杯 2021/2022

選手採点海外記事

ラムズデール: 7

試合序盤は少し不安定にも見えたが、数分後には落ち着いていた。何本か良いセーブも見せ、堅実で良いデビュー戦だったといえる。

チェンバース: 6

ソリッドなパフォーマンス。前半は少々苦戦したものの、試合が進むにつれてどんどん良くなった。

ホールディング: 7

そこまで試される機会は多くはなかったが、恐らく守備陣では一番よかったのではないだろうか。6点目の場面では前への良いボールも見せた。

コラシナツ: 6

珍しい左CBでの出場となったが、前半にまずいタックルからイエローカードをもらった。ただし、彼もまた試合序盤こそ不安定だったもののその後よくなった選手の一人。

タヴァレス: 6

良い点と残念な点が入り混じった試合となった。何度も素晴らしいプレイを見せた一方で、ボールタッチにがっかりさせられる場面もあった。

エルネニー: 5

2点目には貢献したものの、ボール保持時のプレイはあまり満足のいくものではなかった。

ジャカ: 7

中盤の中央で、存在感を見せ、エルネニーと比べてその輝きは明らかだった。マンチェスター・シティ戦を見据えて早めの交代となった。

ペペ: 8

1ゴール1アシストを記録。1つチャンスを逃した場面があり、2点決めていてもおかしくなかった。

ウーデゴール: 8

素晴らしいパフォーマンスに加え、後半には華麗にサカのゴールをアシストした。

サカ: 8

チェルシー戦ではまだ本調子ではなさそうな様子も見せたが、今日の試合では遥かに良かった。パフォーマンスに見合う通りの得点もゲット、常に相手にとっての脅威であり続けた。

オーバメヤン: 9 マンオブザマッチ

まさにアーセナルのキャプテンが必要としていたような試合だった。コロナからの復帰途上でコンディションを取り戻すための出場分数を確保できただけではなくハットトリックも記録した。

交代選手 ナイルズ: 6

途中出場で悪く無いパフォーマンスを見せ、アシストもゲット。

ラカゼット: 7

ベンチから出場し、シャープに見えた。得点も記録。

(マルティネッリは出場時間が短いため採点なし)

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137