選手採点 アーセナル vs チェルシー(H) プレミアリーグ 2021/2022 第2節

選手採点

GK

レノ: 6

失点場面に関しては出来ることはあまりなかった。むしろそれよりも、やはりロングボールが多めなのが気になった。ただし、ルカクのシュートを止めた場面はスーパーセーブの多いレノのアーセナルでのキャリアのうちでもベスト3くらいに入るのではないだろうか。素晴らしい反射神経だった。

DF

セドリック 5

際立って悪かったわけではないとは思うが、かといって何か目立ってよかったわけでもなく、人数自体は多いものの、アーセナルの右サイドバック事情の苦しさを感じさせた。

ホールディング: 5

ルカクをマリが担当したということもあってのことかもしれないが、守備陣の中ではよくやっていた方ではないだろうか。チーム一位の守備アクション数を記録。

マリ: 4

途中で持ち直しはしたものの、ルカクにやられてしまった。この一試合で、という話ではないが、最近のマリは不安定なところが目立っており、ガブリエルの復帰が待たれる。

ティアニー: 4

これはティアニー自身というよりもチームとしての守り方の問題だと思うが、結果的に左サイドをティアニー一人で見なければいけない状況があり、ジェームズがフリーになるところが目立った。

後半には怪我でピッチを退いた。

MF

ジャカ: 5

悪くはなかったが、中盤の支配権をチェルシーから奪うことは出来なかった。ジャカにしては珍しい70%のパス成功率だった。

ロコンガ: 7

スミスロウと並んで数少ない期待感を感じさせた選手の一人。まだプレミアリーグ2試合目のロコンガが問題なくやれる、どころかチームを引っ張る勢いのプレイを見せられているのは、この試合の数少ないポジティブな点の一つだった。

スミスロウ: 6

結果にはつながらなかったものの、何度か良いプレイを見せ、機会があれば何をできるかは見せた。彼と他の選手がうまく連携できる場面があまりなかったのが悔やまれる。

FW

マルティネッリ: 5

2戦連続でのスタメンという機会を与えられることになったマルティネッリだが、結果を残すことはできなかった。ただし、この試合のアーセナルはシュート数6とストライカーまでボールを運ぶことが難しい状況だったので、どこまでマルティネッリの責任なのかは議論の余地がある。

ペペ: 6

何度か良い走りを見せるなど、今日のチームの中比較的輝いていた方だったように感じる。

サカ: 6

まだ本調子ではなさそうな様子も見せたが、あと一歩のところでPKを獲得するところだった。

交代選手

オーバメヤン: 6

途中出場だったがかなりシャープに見えた。特にプレシーズンの不調を引きずったり、コロナによる影響が大きく残っているなどといったことはないようだ。

タヴァレス: 6

怪我のティアニーに代わって入ったが、特に問題はなかった。今季はプレミアリーグで左サイドバックの控えを務めることができる選手が居るというだけでもアーセナルには大きなプラスだろう。

(バロガンは出場時間が短いため採点なし)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137