今季の活躍を期待したい3人の若手

考察海外記事

エミール・スミスロウ

新契約を結び、背番号10を手にしたばかりのこの若者は、アーセナルのファーストチームの中心となる準備は整っているはずだ。

昨季はファーストチームでの出番を得るのにクリスマスまで待たなくてはならなかったが、今季は開幕と同時に走り始められるだろう。

去年の活躍に伴って、彼への期待も高まっており、スミスロウのアーセナルでの役割は非常に大きなものになるに違いない。

昨季特にブカヨ・サカとの連携は素晴らしく、この二人がどこまでやれるかが今季のアーセナルのカギになるだろう。

フォラリン・バログン

かなり長い期間にわたって、バログンはイングランドや国外からの興味を集めており、アーセナル退団は濃厚だとみられていた。

だが、最終的にアルテタは彼を説得することに成功し、彼は今シーズンその爪痕を残したいと考えているはずだ。

彼はサイドでも中央でもプレイできる選手で、もちろんまだ2部あるいはプレミアリーグの他クラブへローンで移籍するという可能性も残されているが、どちらにしろ移籍先にも事欠かないだろう。

ミゲル・アズィーズ

昨季ヨーロッパリーグでトップチームデビューを果たした18歳のアズィーズに、アーセナルは大きな期待を寄せている。

今季はアーセナルは欧州コンペティションがないため昨年ほどの出場機会を若手に与えることが出来ないが、恐らく彼はカップ戦での出場が中心となるだろう。

ローン移籍の可能性もあるが、恐らくアズィーズはチームにとどまってアルテタのプラン入りを狙う方を好むのではないだろうか。

まだ若いが、彼は既にフィジカル面で成熟しており、ユースレベルでは突出したボール保持時の落ち着きを見せていた。

また、プレシーズンではワトフォード戦で得点するなど悪くない活躍も見せた。

彼ら3人の今季に期待したい。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137