フレディ・ウッドマンはアーセナルのGKの解決策となりうる

移籍海外記事

アーセナルのラムズデール獲得の見込みは薄くなりつつあり、一方でクロニクル紙によると、アーセナルはニューカッスルの若手GKフレディ・ウッドマン獲得に興味を示しているそうだ。

彼は昨季ローン先のスウォンジーで大活躍を見せ、チャンピオンシップの最多クリーンシート(45試合中20)を記録したGKとなった。今回は彼のノリッチ戦のパフォーマンスを例に、彼がアーセナルのGKとしてふさわしいかを分析していこう。

ウッドマンのシュートストップ

ルックマンは試合開始直後に視界を遮られた状態で至近距離のシュートを浴びることがあったが、特にリスクを冒すことなくボックス内を守ることに成功した。これは彼は試合開始直後を含めて、どんな場面でも集中を常に途切れさせないという所を示している。

クリスマス後のアーセナルは、そもそもの被シュート数が少なくGKにとって常に警戒を怠らず、まれにボールが来た場合に対処する、というのが難しい状況にあったが、ウッドマンは試合を通してのセービング数が少ない状況で、1つ1つのセーブが非常に重要になる場合でも止めることができる。

この試合の終盤でウッドマンは再びセーブを行ったが、右サイドから来たボールをはじくのではなく、キャッチして見せた。

シュートストップに関して、レノとウッドマンの大きな違いは以下の2つだ。

①レノはゴールライン上にとどまらず、ボックス内にボールが来ると積極的に出ていく傾向がある一方で、ウッドマンはより静的に、その場で対処をする。

②ウッドマンはレノと比べて、ボールを弾くよりもキャッチしようとすることが多い

ウッドマンのショートパス

ウッドマンがショートパスに優れた選手であることは、ウッドマンがパスに失敗した箇所のマップを見れば明らかだ。ロングパスを出した時以外では彼はボールを失うことがほとんどない。

また、ウッドマンの得意とするエリアはレノやエミ・マルティネスとは逆で、2人が左側にボールを出すことを好んだ一方で、ルックマンは右にパスを出すことが多い。

ただし、これは単にスタイル上のものにすぎず、今後ウッドマンは左右両方にボールを出せるようになるという可能性もある。もちろんその逆に、ウッドマンが加入したら右にボールを出すことがアーセナルは増える、というパターンもありうるだろう。そうなれば右サイドバック、右CMFそして右ウイングはその恩恵を受けることにはなるはずだ。

ウッドマンはチームメイトからの信頼も厚く、プレッシャー下でもウッドマンならパスを出せるだろうと信じているように見える。

ノリッチ戦で、プッキは良いプレスをかけウッドマンまであと数十センチというところまで迫った場面があったが、ウッドマンは冷静さを失わず、フリーな選手にボールを渡すことができた。

GKというのはピッチ上で最も広くを見渡せるが、逆にプレッシャーもかけられやすいポジションでもある。

だがルックマンはスキャニングが得意で、ボールを受ける前に状況を察知し、ベストな場所にパスを出すことができ、これにより攻撃を止めずにスムーズに進行させることができる。

ウッドマンのロングパス

また、スウォンジーの守備陣からのウッドマンへのパスが多少ずれ、相手に迫られオプションが見つからない場合も、ウッドマンは右ウイングにロングボールをパス事が出来ていた。

ブレントフォード戦で明らかになった通り、アーセナルにはこのように、プレッシャーをかけてくる相手に対して、味方を再び前向きに変えるようなプレイができる選手が必要だ。そして、それに伴って広いパスレンジも必要となってくる。

ウッドマンのロングパスは左右のサイドという意味ではワンパターンではある(これは多くのGKに言えることだ)が、自身の好む右サイドへのパスであれば、狙い通りのところに彼はボールを届けることができる。

これにより相手のハイプレスは回避できるだろう。唯一の懸念点としては、これによりアーセナルの左サイドへのボール配給が減ってしまうかもしれないという点くらいだろうか。

ポジショニング

ゴールエリア内に相手が侵入した際に、ウッドマンは基本的には常に本能的にニアポスト側をカバーしようとし、相手にファー側へのシュートを強いる。これは相手のシュートを外させるうえで良い対応だといえる。

ただし、サイドからの1対1のような状態で迷いもなくニアポストをカバーする、といったプレイは出来な場合もあるので、これは今後の改善点かもしれない。

まとめ

ウッドマンが現状でアーセナルの1番手のGKが間違いなく務まると言い切ることは出来ないが、どこかのタイミングでレノの代役となりうる、1.5番手にはふさわしい選手だ。

彼はアーセナルのスタイルにも合っているように見えるし、プレスへの耐性も高い。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137