【ブライトン番記者に聞く】ベン・ホワイトってどんな選手?

移籍海外記事

アーセナルがブライトンのベン・ホワイトに興味を示しているのは間違いなく、アスレチックによるとアーセナル側は移籍完了が近いと自身を示しているそうだ。

今回は、ホワイトがアーセナルに何をもたらせるのか、毎週ブライトンの試合を見ているブライトン担当のジャーナリストであるチャーリー・ハフェンデンに話を聞いた。

ベン・ホワイトはクラブのシーズンMVPに投票で選ばれたが、これは妥当だったと思うかな?彼のシーズンをどう見る?

正直に言おう、MVPにホワイトが選ばれたのは少し驚きだったよ。これはホワイトがそこまで活躍していなかったから、というわけではなくて、他にもMVP級の活躍を見せていた選手が何人かいたからだ。

ビスマとダンクはふたりとも素晴らしいシーズンを送ったし、ビスマはリーグでも屈指のMFだと思う。そして、ホワイトの相方であるダンクのほうがより良いプレイを見せていたのではないかという気はする。

ただし、たしかにホワイトはブライトンの誰よりも多くの試合に出場しており、素晴らしいパフォーマンスを見せた。これが彼にとって初めてのプレミアリーグのシーズンだったことを考えればなおさらだ。

報道によると、ホワイトの移籍金は50mポンドと見積もられている、これは高すぎるだろうか?それとも最終的には彼にはその価値があるだろうか?

イングランド人の選手というのはどうしてもプレミアムが乗るものだし、DFは特にそうだ。ハリー・マグワイアに80m£の値がつくというのなら、ホワイトに50m£というのは妥当に思える。

むしろホワイトのほうが将来的なポテンシャルは上だと思うよ。まだ彼は23歳で成長する時間が多くある。直近の4年でイングランドの何部リーグでも、行く先々で素晴らしいプレイを残してきた。それが彼の能力の何よりの証明だよ。

ホワイトの最大の強みは?

彼の強みはボール運び、パス、認知とユーティリティだ。彼は3バックや4バックの右CBや右サイドバックとしてもプレイできるし、守備的MFあるいは右サイドのMFとしてさえもプレイできる。ベン・ホワイトはピッチのどこに置いても輝く選手だよ。

彼はほとんどボールを失わないし、ボールを受けると自分で相手陣まで運んでいき、そこからショートパスでつなぐことができる。彼はピッチの右側で素晴らしいプレイを見せ、ホワイトがいればウイングは自由にハーフスペースに走り込むことができる。

ホワイトの改善点は?

残念なことに、彼は空中戦が苦手だ。身長が186cmあることを考えればもっと出来てもいいはずだが、彼は典型的な鉄壁のようなCBではない。

もちろん全く競り勝てないというわけではなく、身長があるのは役立つが、ただ、全ての空中戦に打ち勝ってくれるとは期待できない。

もしアーセナルがホワイトとガブリエルを組ませるつもりならなんとかなるだろう。私から見れば、ガブリエルは十分に空中戦に強いように思える。

ホワイトの性格は?問題児?リーダーシップは?

ホワイトは本当にプロフェッショナルだよ。彼は常に次の試合に集中していて、チームのことを考えている。彼は試合の状況に関わらず絶対諦めないし、今後自身をつければリーダーにもなれるだろう。

今のところそこまで声を上げるタイプではないが、昨季からの成長を考えれば、今後この点は改善するだろう。

ホワイトを失うのはブライトンファンにとってはどう感じるかな?彼の代役は簡単に見つかるだろうか?

ホワイトが去るのを見るのは非常に残念だが、かなり前から心の準備はしていたよ。もう避けられないし、以前から5日はステップアップしていくと思っていた。昨夏アルビオンはリーズからの25m£というオファーを拒否していて私はこのとき『素晴らしい!でも来年はきっと去ってしまうだろうな』と思っていた。

以前から唯一疑念だったのは、ホワイトがプレミアリーグの舞台でも活躍できるかどうかだったが、さっきも言ったとおり、彼は昨季ブライトンで最も出場分数が多い選手だった。プレミアリーグでも十分にやれることが示された以上、興味を集めるのは当然だよ。

もしアーセナルが獲得しなかったとしても、どこか別のビッグクラブが獲得に動くだろうし、ホワイトにとっては大きなステップアップになるだろう。

ベン・ホワイトはアーセナルで成功するだろうか?

彼は大成功を収めると思うよ。アルテタはポゼッション志向のシステムを目指しているようだし、ホワイトは完璧にハマるだろう。

先程も言ったとおり、彼はリーズとブライトンで様々なポジションでプレイできることを示しているし、ボールを保持し、後ろから組み立てる力が非常に高い。

彼は将来的に足元が上手い究極のDFになれるポテンシャルがあり、アーセナルが再びCL出場権を目指して挑戦する上でまさに必要とする選手だろう。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137