アーセナルが獲得を目指すべき4人の選手

移籍海外記事

木曜日のアーセナルのEL敗退を受けて、ファンの多くはアーセナルの将来を悲観的にとらえただろう。だが、このような厳しい状況でも、クラブの将来を好転させるために出来ることはある。

アーセナルは競争力を取り戻すために補強が必要なポジションが多くあるが、現在のチーム状況を見るに、今のスカッドを改善させられる選手は数多くいるはずだ。そのうちの何人かを見ていこう。

ビスマ

・年齢: 24歳
・所属: ブライトン
・国籍: マリ

この2年間で多くの人の目を引いたであろう選手で、彼はピッチ上を走り回り、アーセナルがシーガルズ相手の試合で何度か経験した通り対戦相手にとっては悪夢のようだ。

フィジカルに秀でており、過小評価されているもののボール配給も良い。現状脆弱なアーセナルの中盤の素晴らしい補強となるだろう。

いくつかのメディアが彼自身はアーセナル加入に前向きで、ブライトンは30m€程度のオファーであれば受け入れるだろうと報じている。

ブエンディア

・年齢: 24
・所属: ノリッジ
・国籍: アルゼンチン

多くの人が彼をチャンピオンシップ最高の選手と讃えている。彼は、ノリッジ・シティ昇格の原動力となり、1月には仕切りにアーセナル移籍が噂されていたが、クラブ側には放出のつもりはなかったようだ。

今季は15ゴール17アシストを挙げており、チームに新しい側面をもたらせる彼のような選手にアーセナルが興味をもっていないはずがない。まさに我々が必要な選手だ。

エメルソン・ロイヤル

・年齢: 22歳
・所属: レアル・ベティス
・国籍: ブラジル

今季のラリーガ最高の右サイドバックの一人で、このポジションでの補強を求めているクラブにとっては最高の選手だ。

彼は力強く、走力もあり、守備意識も素晴らしい。まさに完ぺきなモダン型サイドバックだ。

噂では彼は20m£を超えない程度で獲得できるらしく、この点もアーセナルにとっては理想的だ。

マノル・ソロモン

年齢: 21歳
所属: シャフタール・ドネツク
国籍: イスラエル

めまいのするようなドリブルから得点力まで、アーセナルの攻撃陣に今ないものをもたらせる選手だ。

もちろん他のオプションがないわけではないが、そもそも左ウイングのポジションは競争が激しく、彼らは高くつきそうで、現実的な市場価値を考えるとアーセナルにとって良いオプションになるのではないだろうか。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137