選手採点 アーセナル vs ウエストブロム(H) プレミアリーグ 2020-2021 第35節 by Evening Standard

選手採点海外記事

レノ: 5

アーセナルがボール保持する展開だったため、仕事は多くなく、静かな夜だった。失点場面はあまりできることはなかった。

チェンバース: 6

ベジェリンに代わり再びチームに帰ってきたが、ソリッドなプレイを見せた。これまでのチェンバースほどの頻度での上りは見せなかった。

ホールディング: 6

キャプテンを務めた試合で堅実なパフォーマンス。特に目を引くようなプレイはなかったが、逆に悪い意味で目立つこともなかった。

ガブリエル: 6

マリの代わりに出場し、自身の出来ることを見せた。不調の時期もあったが、この試合は良かった。

サカ: 8 マンオブザマッチ

彼がこの試合でアーセナルベストの選手だった。ティーンエイジャーが見せた出色のパフォーマンス。前に上がってはウエストブロムに多くの問題を引き起こし、先制点もアシストした。

エルネニー: 5

プレミアリーグから降格していくチーム相手の試合だったということを考えると、少し物足りなかった。

セバージョス: 5

ボール保持時には悪くなかったが、非保持時にはスキを突かれ失点にも繋がった。イエローカードも一枚もらった。

ペペ: 7

及第点の試合だったが、とんでもないゴールを決めた。今季のアーセナルは残念なものとなっているが、ペペはよくやっている選手の一人だろう。

スミスロウ: 7

活き活きと輝いた。それにふさわしい得点も上げた。唯一残念だったのは、彼が怪我でピッチを去らなくてはならなかったことだろう。

ウィリアン: 7

最近では珍しく、先発することになったがスミスロウと同じようなインパクトは残せなかった。だが、試合終盤に良いフリーキックを決めた。

マルティネッリ: 5

ハードワークをこなしプレスに走り続けはしたものの、試合に入れなかった。今日の試合のことをチャンスを逃したと考えているだろう。

交代選手 ラカゼット: 5

前線を率いるために投入されたが静かな試合だった。ハムストリングの怪我からまだ復帰途上なのだろう。

ティアニー: 5

左サイドバックで出場。十分にソリッドだった。怪我から調子を取り戻しつつある。

(パーティは出場時間が短いため採点なし)

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137