選手採点 アーセナル vs ビジャレアル(A)【ヨーロッパリーグ 2020-2021 ベスト4】by Football London

選手採点海外記事

レノ: 6

2-0の時点で素晴らしいセーブを披露。あそこでレノが止めていてくれていなければ、アーセナルのヨーロッパリーグは終わっていたかもしれない。失点場面はレノにはどうしようもなく、前の試合のミスの影響は感じさせなかった。

チェンバース: 6

定期的にクロスを放り込んだが中に合わせられなかった。何本かパスミスはあったものの悪くないパフォーマンス。

ホールディング: 5

キャプテンを務め、ボール保持時に良いプレイも見せたりと酷かったというほどではないが、2失点目の緩いマークはがっかりだった。

マリ: 4

アーセナルのバックラインに落ち着きをもたらすために呼ばれたはずだが、その期待に応えられなかった。2失点目の場面も責任があるし、試合を通してフォイスにやられ続けた。

ジャカ: 5

1失点目の場面ではとんでもないやられ方をし、試合を通してチュクウェゼに対処できなかった。

だが、左サイドバックはジャカ本来のポジションではないし、あまりジャカを責めすぎるのは酷というものだろう。先週のリシャルリソンへの対応とも合わせて、ジャカはもう左サイドバックではプレイさせるべきではない。

パーティ: 6

得点に繋がらないミドルシュートを何本打つつもりなのかは定かではないが、ビジャレアルのプレスへの対応は悪くなく、特にセバージョスの退場になり実質的に中盤が1人となった中でもよく対処した。

セバージョス: 4

もちろんイエローカードでレイトチャージを行い退場となった責任はセバージョスにあるが、なぜそもそも彼はピッチに残されたのだろうか。試合序盤以降は全くよい所がなく、ハーフタイムで交代させるべきだった。

サカ: 7

数的不利に陥った後もビジャレアルに攻撃を仕掛け続けた。クレバーにPKを獲得し、アーセナルを何とかELの舞台に留めた。

ウーデゴール: 5

試合に影響を与えるのに苦戦し、後半の早い時間で交代となった。アーセナルがポゼッションをキープするのに苦労したこともあって試合から消えてしまっていた。

スミスロウ: 7

賢明に走り回ったが、慣れないポジションでの起用に足を引っ張られてしまった。何度か良いコントロールからボールをキープしたが、良いエリアでもそこから先にボールを出す相手がいなかった。

ペペ: 8

アーセナルの攻撃陣で最も年長の選手として重い責任がのしかかったが、前に出られた時には素晴らしいパフォーマンスでフォイスを苦しめた。

PKを蹴る時の落ち着きも素晴らしかった。

交代選手 マルティネッリ: 6

マルティネッリが登場し、本職のストライカーが居た場合の方がアーセナルは遥かに良く見えた。問題は、彼が登場するまでになぜここまで長い時間がかかったのかだろう。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137