選手採点 アーセナル vs エヴァートン(H)【プレミアリーグ 2020-2021 第32節】by Evening Standard

選手採点海外記事

レノ: 3

リシャルリソンのクロスを自身のゴールに収めてしまったシーンは悪夢を見ることだろう。

チェンバース: 6

十分に満足のいくパフォーマンスで、ビジャレアル戦で先発させるべきだろう。現状で最良の右サイドバックのオプションに見える。

ホールディング: 6

悪くないパフォーマンス。やはり、相方がガブリエルではなくパブロ・マリの時の方が遥かにやり易そうに見える。

パブロ・マリ: 7

アーセナルにとっては酷い試合だったが、恐らくその中では一番良かった選手だろう。落ち着いており、バックラインを乱さなかった。彼もまたビジャレアル戦で先発すべき。

ジャカ: 5

緊急で左サイドバックを務めるようになってからは悪くない試合が続いていたが、今夜の試合では苦戦した。失点場面では非常に容易くリシャルリソンにかわされてしまった。

パーティ: 5

もっともっとやれるはず。本人もそれはわかっているだろう。次の試合ではギアを一段上げて望まなくてはならない。

セバージョス: 6

それなりにソリッドだったとは言えるだろう。PKを獲得したが、VARがその過程でペペがオフサイドだったという判定を下した。

サカ: 6

最近のアーセナルにとってはいつものことだが、何か起こるのであればサカから、という雰囲気はあった。だが、試合を右サイドバックとして終えた。

スミスロウ: 5

散発的に良いタッチとパスはあったものお、大筋エヴァートンの中盤にうまく封じられてしまった。ウーデゴールのコンディション次第ではトップ下の座を失う可能性もある。

ペペ: 5

シェイマス・コールマンを突破して良いクロスを入れたりと良い場面もあったが、静かな一夜だった。

エンケティア: 5

いつも通り、全力で走り続け、プレスをかけ続けた。だが、前線に質の良いボールが供給されることはほとんどなく、チャンスがなかった。

交代選手 ウーデゴール: 5

交代で出場し試合を勝利に導こうとはしたものの、違いを作れなかった。

マルティネッリ: 5

トップでプレイしたが、インパクトは残せず。

(ウィリアンは出場時間が短いため採点なし)

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137