選手採点 アーセナル vs スラヴィ・プラハ(A)【ヨーロッパリーグ 2020-2021 ベスト8】by Football London

考察海外記事

レノ: 6

試合前に今回の試合がいかに重要なものになるかについて話していたが、前半で試合が決まり、自分の仕事がほとんどなかったことを嬉しく思っていることだろう。

チェンバース: 8

チェンバースがトップチームで出場機会を得始めた時、皆彼は守備での安定をもたらすために呼ばれたのだろうと考えていた。

だが実際に彼の攻撃力はかなりのもので、今日もまたしてもアシストを記録した。アーセナルの正右サイドバックになる日も近いかもしれない。

ホールディング: 7

試合を通して全く隙を見せなかった。

マリ: 7

ヨーロッパ大会での決勝トーナメントは初めてにもかかわらず、全くそうは見えなかった。ボール保持時も落ち着いていたし、守備時も集中していた。ガブリエルの手ごわいライバルになるだろう。

ジャカ: 7

相手の脅威にシェフィールド戦と同じくよく対処した。いつも通り声を出してチームを引っ張り、アーセナルが試合を畳む場面では良くボールをキープした。

パーティ: 7

感銘を与えるパフォーマンス。やはり、彼がいるといないではアーセナルの中盤は大きく変わる。

セバージョス: 7

彼の中盤での起用は試合前はファンの間での評判は芳しくなかったが、実際はソリッドなプレイを見せた。

サカ: 9

絶対にアーセナルが結果を残さなくてはならない試合で立ち上がり、センセーショナルなパフォーマンスだった。

右に戻ったサカは素晴らしく、3点目にビッグチャンスをきちんと決めることが出来るという点も示した。

スミス=ロウ: 8

本職の中央に戻っての先発となったが、素晴らしいパフォーマンスだった。得点がオフサイドになったのはアンラッキーだったが、そのすぐ後にペペのゴールをお膳立てをした。

ロウのボックス内への走りはアーセナルを前に押し上げるうえでカギとなり、特に前半最後の10分でスラヴィアの選手たちを押し込むのに重要な役割を果たした。

ペペ: 8

マルティネッリではなくペペが先発となったことは少々議論を呼んだものの、彼はアルテタの信頼を正当化して見せた。1点目の落ち着きは素晴らしかったし、スラヴィアはペペからボールを奪うことが全くできなかった。

ラカゼット: 8

試合前に膝を突きながらスラヴィアの選手をにらみつけ、常にモチベーションが高いのは見て取れた。冷静にPKを沈め、ファーストレグのミスの埋め合わせと言わんばかりに2点目も決めた。

交代選手 エルネニー: 6

既に試合の勝利は決定的だった場面で登場したが、アーセナルのバックラインを守る仕事をうまくこなした。

エンケティア: 6

バロガンより先に登場したが、現時点では彼の方が序列が上という事なのだろうか。

セドリック: 6

左サイドバックとして先発の機会が与えられなかったことには落胆したかもしれないが、ジャカのプレイを見れば文句は言えないだろう。

マルティネッリ: 7

先発したのは驚きだったが、結果的にアルテタの判断が間違っていたとはいえない。交代で出場しその能力の片鱗は示した。

(出場時間が短いためバロガンは採点なし)

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137