選手採点 アーセナルvsウルブズ(A)【プレミアリーグ 2020-2021 第22節】by Football London

選手採点海外記事

レノ: 4

前半は良いパフォーマンスだったが、後半の狂気の一瞬で台無しになってしまった。トラオレ相手にそこまでぎりぎりだったわけでもない状態でボックス外で手を使うという必要は全くなかった。

ベジェリン: 6

ネト相手の守備はソリッドで、レッドカードまでは攻撃面でも良かった。

ホールディング: 6

同じくソリッドなパフォーマンス。2失点とも彼にはどうしようもなかった。ピッチで最も大きな声を出しチームを引っ張った。

ルイス: 6

アーセナルにとってはすべてがうまく行っていたが、ルイスの退場ですべてが変わってしまった。VARがなぜ介入しなかったのかはミステリーだ。この判定はルイスのせいではない。

セドリック: 5

前半は良かったが、後半はトラオレにタイトにつきすぎたりと苦戦する場面もあり、ボールロストも何度かあった。

パーティ: 7

ウルブズの中盤はパーティが顔をあげてドリブルを始めても全く対処できていなかった。欲を言えばもう少しパスが良ければ、という場面もあるにはあったが、またしてもトップレベルの試合だった。

ジャカ: 6

前半は一貫してよい前へのパスを通し続けた。後半は残念なイエローカードをもらってしまったものの、彼のフラストレーションは理解できる。

サカ: 8

右のハーフスペースでキルマンに悪夢を見せたが、惜しくもオフサイドでゴールはならなかった。

スミスロウ: 7

ウルブズの最終ラインの前でスペースに顔を出し、前半のアーセナルの好調を支えた一人だった。後半に最前線を任されてからは苦戦したが、彼を責めることはできない。

ペペ: 7

彼もまた、素晴らしい一夜をレッドカードに台無しにされた選手の一人。素晴らしいゴールだったが、後半カウンターでボールを保持することは出来ず苦戦した。

ラカゼット: 7

ルイスが退場したのに伴ってハーフタイムに交代となったが、それまでは良いプレイを見せていた。アーセナルの攻撃のフォーカルポイントを下げるという決断は少し奇妙だった。

交代選手 ガブリエル: 7

後半に登場して、何度か素晴らしい一対一での対応を見せた。本調子に近づきつつあるように見える。

オーバメヤン: 5

交代で出場したが特に何もできなかった。確かに9人で力を出すのは難しいだろうが、もう少しできたはず。

ルナルソン: 5

何度かよいセーブを見せたものの、ボールを足もとに持つのを怖がっているようにも見えた。チームメイトからの信頼を得られていないようで、ライアンの復帰が待たれる。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137