選手採点 アーセナルvsマンチェスター・ユナイテッド(H)【プレミアリーグ 2020-2021 第21節】

選手採点

GK

レノ: 7

アーセナルとしても勝てたはず、と悔しい試合になったが、一方でユナイテッド側にも何度か際どいチャンスはいくつかあり、そんな中アーセナルがクリーンシートで試合を追われたオンはカバーニが外してくれたのに加えてレノのおかげだろう。

特に、前半のふれっじのシュートを止めた場面はワールドクラスのセーブだった。

DF

ベジェリン: 6

悪かった、というほどではないものの、そこまで目立った活躍は残せず。また、ペペとの相性が悪そうなのも気になるところ。

ホールディング: 7

何故かあまり話題にならないが、ここのところ素晴らしいパフォーマンスを見せているホールディング。最近のアーセナルの守備の好調を支える男。今日の試合でも驚異のクリア数10を記録。

ここにパスの上手さもさらに上乗せすることが出来れば一歩上のレベルに進めるはず。

ルイス: 7

ペナルティエリア内を守らせれば鉄壁。素晴らしいパフォーマンス。

ただし、フリーキックのキッカーは誰か他の人にそろそろ譲ってくれ。

セドリック: 6

左利きの控えとして十分なレベルにあることは示せているが、やはりティアニーがとんでもなくハイレベルな左サイドバックなので、流石に彼と比べられると苦しい。

ベジェリンも好調とは言えないので、ティアニー復帰後に右サイドバックがどうなるかは注目だ。

MF

ジャカ: 7

少々安全志向すぎる所もあったかもしれないが、安定感抜群の良いパフォーマンス。守備にも貢献した。

パーティ: 6

我々が見慣れたワールドクラスのMFのスタンダードからすると今日は少し不調で、らしくないミスがあった。とはいえ、不調のパーティでも十分アーセナルで他のMFを押しのけて先発するに値するレベルにはあるのだが。

スミス=ロウ: 7

チームの攻撃を繋げるだけではなくチャンスも創り出し、プレスにも奔走と相変わらずの好パフォーマンス。数字に残る貢献という意味ではサカの方に一日の長があるかもしれないが、今季前半戦あれほど不調だったペペとウィリアンを両翼に置いてもそれなりに機能していたので、もしかするとアーセナルの攻撃において最も欠いてはいけないピースはやはりロウなのかもしれない。

FW

ペペ: 7

最近復調しつつあり、明らかに今日のアーセナルで最も相手にとって脅威となった選手だった。惜しむらくは、何度かあったチャンスを決められなかったことか。

先日の記事にもあったが、スミス=ロウなど、きちんとした攻撃的MFを擁したチームで継続してチャンスを与えるべき、という指摘は中々的を得ているかもしれない。

守備の意識もかなり改善されてきているのは非常に好ましい。

ラカゼット: 6

献身的にプレイしたが、攻撃面ではあまり良い形でラカゼットにボールが訪れなかった。ただ、意表を突いたFKからポストを叩いた。

マルティネッリ: 6

良いドリブルも見せたし、惜しくも届かなかったがエジルを彷彿とさせるような素晴らしいパスもあった。ハーフタイムで退いたのはアンラッキーだった。

交代選手

ウィリアン: 6

後半の頭から登場。名誉挽回のビッグチャンスでとんでもなく優しいシュートを放ってしまったのは残念だったが、それ以外は最近のパフォーマンスと比べると改善されてきており、何度か良い場面も演出した。

(ウーデゴールとエンケティアは出場時間が短いため採点なし)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137