2020年プレミアビッグ6バズりランキング

企画

2020年ももうおしまい!という事でプレミアリーグのビッグ6クラブの公式アカウントで最もバズった(というかいいね数が最も多かった)ツイートを各クラブ5ツイートごとに選出しました!

アーセナル

アーセナルでは断トツだったのがこちらで、Phewというのは息が漏れる音なのですが、リバプールの無敗が途絶えた時のものでした。

それ以外はパーティ獲得、オーバメヤンの契約延長という感じで、またブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンさんへの追悼ツイートもランクイン。ここにエジルの誕生日が割って入ってきているというのが彼のSNS上での存在感の大きさを感じさせます。

リバプール

当然と言えば当然ですが、リバプールのリーグ優勝ツイートがビッグ6の中では2020年の最大打点でした。2位が上のアーセナルのたった一言のツイートなのは少し笑えます。

リバプールだけの話ではありませんが、ラッシュフォードの功績に対するツイートとマラドーナへの追悼ツイートというのはどのクラブでも目立つので、それだけラッシュフォードのサッカーファンの間での評価の高さとマラドーナが亡くなった衝撃というのが非常に大きな一年だったといえるでしょう。

チェルシー

チェルシーは大型獲得を連発し、リバプールへのお祝いの一言を除けば新加入選手の発表のツイートがずらり、という感じですね。

マンチェスター・ユナイテッド

ユナイテッドも他クラブと傾向としては同じですね。

マンチェスター・シティ

シティは自チームのネタよりも他クラブとの絡みでのツイートが結構注目を集めています。

トッテナム

トッテナムは知名度という意味では圧倒的にベイルの獲得だったと思いますが、それを超えるいいね数をドハーティの加入発表ツイートが叩き出しているのはアーセナルとのライバル関係を活かした面白い動画のおかげで、これはメディアチームの大勝利といってよさそうですね。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137