選手採点 アーセナルvsチェルシー(H)【プレミアリーグ 2020-2021 第15節】by arseblog

選手採点

メリークリスマス!

レノ: 8

試合を通してそこまで仕事は多くなかったが、後半にはクロスにもよく対応し、いざ出番が来るとPKをストップしてみせた。

もしこれが決まってしまっていたら、最後の数分はアーセナルファンの心臓に非常に悪いものになっていただろう。

ベジェリン: 7.5

良い試合だった。チャンスも作ったし、キャプテンを務めた。

ホールディング: 7.5

何本かパスミスこそあったものの、クリア5回にブロック3を記録。空中戦に強いチェルシーに引けをとらなかった。

マリ: 6

少し鈍重に見え、不器用なタックルからイエローをもらってしまった。試合終盤にはPKも与えた。

だが、7度のクリアを記録し、チェルシーのような相手には彼の体格は重要だった。

ティアニー: 8

PKを獲得。マルティネッリとの左サイドのコンビネーションは非常に将来性を感じさせた。彼らこそチームの希望だ。

エルネニー: 6

少し疑わしい場面もあったものの、何度かボールをよく前に運んだ。ポストをたたくシュートもあり、気迫を見せた。

ジャカ: 8

彼が最後にアーセナルで試合出場した際にはチームの足を引っ張ったが、今回は、オールラウンドなパフォーマンスとワールドクラスのフリーキックでその汚名を部分的に返上した。

スミス=ロウ: 8

もしこの試合前にロウがプレミアリーグで戦えるレベルに達しているのか、という疑問があったとしても、心配の必要はないという事を今日示して見せた。

まだ若いが、本気の野心をもってプレイし、チームに推進力をもたらす彼のような選手を好きにならずにいるのは難しい。

ブカヨ・サカ: 9

素晴らしいパフォーマンスを見せた。試合前半はタッチミスからあと一歩のところで脅威に繋がらなかった場面はあったが、最終的に素晴らしいゴールを決めたし、守備も素晴らしかった。あれは絶対に狙っていた。

マルティネッリ: 8

今日一試合だけでウィリアンの今季全試合での合計よりも多い枠内シュート数を記録。彼のメンタリティ、推進力、そしてクオリティは今後のアーセナルにとって非常に重要になるに違いない。

ラカゼット: 7.5

PKを冷静に沈めただけではなく、全体的に良いプレイを見せた。

彼の経験をうまく使い、何本かの素早いパスからチームを前に進めるのに貢献した。

交代選手: ウィロック 6.5

交代で出場し、チームにエネルギーを加えた。何本かタックルにも成功し、監督の期待通りのプレイを見せた。

(ペペとムスタフィは出場時間が短いため採点なし)

source(当該サイトの許可を得て翻訳しています):

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137