選手採点 アーセナル vs シティ(カラバオ杯 2020) by Evening Standard

選手採点海外記事

ルナルソン: 2

悪夢のような試合。どの失点に関しても対応が良かったとは言えないが、特にマフレズのフリーキックは真正面なのに止められなかった。足もともあまり安定感はなかった。

セドリック: 5

今季出場機会は非常に少ないが、実際のところそこまで悪くなかった。何本か悪く無いクロスも見せた。

ガブリエル: 5

アーセナルに来てから最高のパフォーマンスというわけではなかったが、それでも今日の守備陣の中では最も良い出来だった。それに特に大きな意味があるわけではないが。

ムスタフィ: 3

マンチェスター・シティの攻撃陣相手に大苦戦。一失点目ではマークを見失い、四失点目の際にはどこにいたのかすらわからなかった。

コラシナツ: 3

ムスタフィと同じく残念な夜を過ごしたもう一人のDF。夏にも移籍の話が出ていたが、冬の移籍の可能性は高いだろうか。

ナイルズ: 6

WBとして先発したが、中盤として試合を終えた。両方のポジションでダイナミズムを提供し、悪く無い出来だった。

セバージョス: 5

中盤の主導権を握ることができず、試合の大部分をシティのボールを追いかけまわすのに費やした。

エルネニー: 5

イエローカードをもらい早めの交代となるなど、こちらも平均以下のパフォーマンス。

ウィロック: 6

本来のポジションではない右サイドでのプレイとなったが、献身性や何度かよいタッチを見せるなど、チームメイトと比べればよいプレイを見せた。

マルティネッリ: 7 マンオブザマッチ

怪我でピッチを退いたため45分と少ししかプレイできなかったが、ラカゼットへのアシストをはじめ、エネルギーに満ちたプレイをみせた。

ラカゼット: 6

得点こそ決めたが、かつての姿は戻ってきていない。このゴールが自信となってくれることを願おう。

交代選手 ペペ: 6

試合終盤まで見せ場はあまりなかったが、ボックス外から一本惜しいシュートを放った。

スミス=ロウ: 6

生き生きとして見えたし、彼をもっと起用すべきに思える。

バロガン: 5

登場した時には試合は決まっており、インパクトを残す時間もなかった。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137