選手採点 アーセナルvsサウサンプトン(H)【プレミアリーグ 2020-2021 第13節】by Evening Standard

選手採点海外記事

レノ: 5

セオ・ウォルコットにゴールを決められてしまい、素晴らしい夜というわけではなかった。

ナイルズ: 5

ソリッドではあったが、何か特別なものを見せられたわけではなかった。ベジェリンから右サイドバックの座を奪うに十分なパフォーマンスだったかはわからない。

ホールディング: 6

恐らく守備陣では一番輝いた。ボール配給も改善したし、試合終盤のセインツの猛攻をしのぎ切り、シュートがバーをたたく場面もあった。

ガブリエル: 3

アーセナル加入後最悪のパフォーマンス。試合開始直後からあまり安定感がないように見えたが、後半二枚目のイエローカードで退場してしまった。

ティアニー: 5

ウォルコットのスピードに少し苦戦したが、後半にはよりよくなった。

エルネニー: 5

今季序盤の頃の好調はあまり感じられず、サウサンプトンに中盤の支配権を奪われた。

セバージョス: 4

一時間と少しでお役御免となったことからもわかる通り、あまり良いパフォーマンスではなかった。前半には素晴らしいチャンスをPKを主張しながら地面に倒れこんで逃した。

ペペ: 5

何度か輝きを見せはしたが、アーセナルが期待していたような得点やアシストはならず。エヴァートン戦のスタメンはウィリアンとペペどちらになるだろうか。

エンケティア: 5

あまり攻撃には絡めなかったが、得点場面ではよいプレイを見せたし、献身的にセインツにプレスをかけ続けた

サカ: 7 マンオブザマッチ

アーセナルの得点に繋がったシーンのドリブルは素晴らしかった。最近はいつものこととなりつつあるが、アーセナルで最も輝いた選手だった。

オーバメヤン: 6

冷静なシュートでついに得点を挙げた。この後の彼のほっとしたような表情がすべてを物語っていた。ここから得点を量産してくれることを願おう。

交代選手 ルイス: 6

ガブリエルの退場に伴って登場。試合を乗り切るうえで重要な役割を果たした。

ウィロック: 5

中盤にエネルギーを提供

(セドリックは出場時間が短いため採点なし)

Source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137