選手採点 アーセナルvsバーンリー(H)【プレミアリーグ 2020-2021 第12節】

選手採点

レノ: 6

失点場面はオウンゴールなのでどうしようもないし、何度かエリア外に飛び出してヘディングで危機をかいくぐった。

ベジェリン: 4

ファウルスローはなかったが、残念なパフォーマンス。累積警告で次節停止となった。どちらにせよナイルズかセドリックにチャンスを与える頃合いだろう。

ホールディング: 6

前半に一つ決定機を許したのを除けば悪くないパフォーマンス。攻撃陣の選手よりも得点への意識を感じたくらいだった。

ガブリエル: 6

上に同じ。一つ良いチャンスを逃したが、無得点に終わったことをCBのせいにするわけにもいかない。現在のアーセナルで数少ない何とかしようという気持ちが見える選手の一人。

ティアニー: 6

なんどか良いボールを出したし、シュートから惜しい場面もあった。

ジャカ: 2

もちろん今のアーセナルなら11対11でも決めきれずに負けていた可能性も大いにあるが、後半の頭はちょっと勢いがあっただけに、ジャカの退場で完全にその勢いは止まってしまった。

全く不必要なファウル。最近は一発退場はなかったのに、非常に残念。

現地ファンの気持ちも完全に離れてしまっているようだし、年齢・契約的にもアーセナルでの将来は不透明だ。

エルネニー: 3

プレイとしては可もなく不可もなく、という感じだったがイエローカードの場面はPKにならず運が良かった。

エルネニー個人がどうこう、というより、ペペやジャカ、そしてエルネニーのこのファウル、と選手の抱えるフラストレーションが簡単にこのような悪い形で表に出てしまうというのはチームとして非常に悪い兆候であるように感じる。

ウィリアン: 5

悪くないパフォーマンス。

ラカゼット: 5

別にラカゼットが悪いわけではないのだが、低い位置でのプレイも多く、この位置でボールを持ったのが本職のプレイメイカーだったらという場面(オーバメヤンが縦に走っていたところ)があった。

加えてアーセナルにとってこの試合最大のチャンスを決めきれなかった。

オーバメヤン: 5

チームは絶望的に不調だし、結局得点こそならなかったが、裏への走りやシュートなど、少し前の無気力状態は脱してくれているように思う。

サカ: 7

低調なアーセナルに置いてプレイ面では唯一の希望。このまま成長して得点やアシストまでもぎ取ってくれるようになるとアーセナルも救えるかもしれない、と19歳のユース上がりの選手に期待するのは求めすぎだろうか。

交代選手 セバージョス: 5

数的不利の状態で運動量を提供。ジャカの出場停止に伴って次節は先発することになりそうだ。

ナイルズ: 5

もう少し早くから見たかった。

(エンケティアは出場時間が短いので採点なし)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137