選手採点 アーセナル vs ダンドーク(A) by Evening Standard【ヨーロッパリーグ 2020-2021 GS】

選手採点海外記事

ルナルソン: 5

最高のパフォーマンスとは言えなかった。決勝トーナメントではレノにその座を譲るのではないだろうか。

チェンバース: 6

昨年の12月ぶりの先発出場。特に目立ったミスもなく、今夜のパフォーマンスには納得のいっていることだろう。

ムスタフィ: 6

キャプテンとして出場。3バックの中心としてソリッドなパフォーマンスを見せた。

マリ: 7

CB3人の中で恐らく最高のプレを見せたのが彼だろう。守備だけでなくパスレンジも良く、今後のプレミアリーグ先発に期待を抱かせた。

セドリック: 6

守備面では簡単な試合となり、できるときには前線へと上がっていった。直接フリーキックからあと少しで得点するところだった。

ウィロック: 7

ヨーロッパリーグではアーセナルで最も輝いている選手の一人だが、今日もまた、ゴールを決めそれを継続した。

エルネニー: 7

25ヤードほどの距離から素晴らしい弾丸シュートをトップコーナーに打ち込んだ。ほとんどミスもなく、総合的にも良いパフォーマンス。

ナイルズ: 7

先週はCMFとして素晴らしいプレイを見せたが、今回は左WBとしてよいプレイを見せた。もう少しプレミアリーグでチャンスが与えられるべきだと思う。

ペペ: 6

既に我々が知っている通り、彼は多少調子の波がある。今日は静かな日だった。とはいえ、バロガンへのアシストを記録。

エンケティア: 7

またしても今季五点目となるゴールを決め、彼を先発させるべきだという声はさらに高まるだろう。全コンペティションでのチーム内得点王。

スミス=ロウ 7 マンオブザマッチ

何の問題もなくチームに溶け込み、ボール保持時も落ち着き払い、そのクリエイティビティを見せつけた。アルテタにとって良いオプションとなるだろう。

交代選手 セバージョス: 6

残り30分での出場となった。プレイは悪くなかったが、この分の出場機会をアズィースにより長く与えても良かったのではないか。

バロガン: 6

またしても途中出場でよいパフォーマンスとなった。ウィロックの得点場面ではよくボールを収め、そして自分もゴールをゲット

また、コトレルとアズィースのユースの二人がデビューを果たした。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137