選手採点 アーセナル vs ラピード・ウィーン(H) by Evening Standard【ヨーロッパリーグ 2020-2021 GS】

選手採点海外記事

ルナルソン: 6

失点場面を除けば特にやることがなく、静かな夜となった。

セドリック: 6

ヨーロッパリーグのお馴染みの顔ぶれとなったセドリックが今日もソリッドなパフォーマンスを披露。できるときにはオーバーラップも披露し、守備面でも特に相手に悩まされることはなかった。

ムスタフィ: 6

隣のマリと同じく、あまりやることがなかった。チェンバースに出場機会を与えるために残り20分でベンチに下がった。

パブロ・マリ: 7

6月以来の出場となったマリだったが、良いパフォーマンスと得点でそれを飾って見せた。

コラシナツ: 7

ウィーンが得点した場面では素晴らしいシュートブロックを連続で披露した。コロナ陽性の影響でプレイできていなかったことを考えるとよい復帰戦だった。

ナイルズ: 8

珍しく中盤で先発するチャンスを与えられ、そして大活躍を見せた。両ボックス内でインパクトを残し、アーセナルの4点目も演出した。素晴らしいパフォーマンス。

エルネニー: 6

いつも通りの丁寧で堅実なプレイを見せた。今季を通して安定感のあるところを見せているが、今夜もその例にもれなかった。

ネルソン: 8

ネルソンはヨーロッパリーグを大得意にしており、今日もまた観戦者に感銘を与えた。何度か相手をほんろうする走り込みを見せ、2アシストも記録。

ラカゼット: 8 マンオブザマッチ

今季最高のパフォーマンスだったといっていいだろう。素晴らしいロングシュートを決めただけではなく、チームメイトと良い連携を見せた。日曜日の先発はあるだろうか。

ペペ: 8

リーズ戦での退場から素晴らしい復活劇を見せており、今日もまた素晴らしい試合だった。アーセナルの攻撃の中心となった。

エンケティア: 7

もういつものことになりつつあるが、ゴールをゲット。まさしく点取り屋の真骨頂とでもいえるような形で、自分で打ったシュートのリバウンドを沈めて見せた。

交代選手 スミス=ロウ: 7

今季を通してもっと出場機会を与えるべきだという声が上がっていたが、ベンチから出場すると得点し、期待が高まるのもうなずけるということを示して見せた。

交代選手 セバージョス: 6

試合はもう大方決した後で登場したためそこまで仕事はなかったが、久々に観戦に訪れたファンを沸かせる良いタッチを何度か見せた。

ウィリアン: 6

週末のダービーに向けて準備を整えるために30分出場。

チェンバース: 6

ついに2020年初出場となった。肩慣らしにはちょうどいい試合だった。

フォラリン・バロガン: 6

インパクトを残せる時間がなく、輝くためのチャンスがより長く与えられなかったことに落胆しているだろう。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137