選手採点 アーセナル vs ラピード・ウィーン(A) by Independent【ヨーロッパリーグ 2020-2021 GS】

選手採点海外記事

レノ: 3

後半の最初に相手にパスをプレゼント、失点してしまった。そして、その後も同じようなミスを繰り返す場面があった。

セドリック: 6

出来るだけ前に上がろうという意欲は評価できるが、守備面では少し不安を残した。

ルイス: 6

失点につながったレノへのバックパスはGKに不必要なプレッシャーをかけたが、素晴らしいヘディングで同点弾を挙げ、名誉挽回した。

ガブリエル: 7

良いボールクリアを何度も見せ、試合を通して安定感があった。

コラシナツ: 6

機会さえあれば左サイドを嵐のように駆け上がった。

サカ: 7

生き生きとボールに絡み、何度か素晴らしいキック精度を見せた。

パーティ: 8

アーセナルでの先発デビューとなった。縦にパスを入れる意識の高さと試合の流れを読んで相手の攻撃をストップすることが出来る能力を見せつけた。

特に、前半のフォンタスのシュートを打つのを阻んだタックルは素晴らしかった。

エルネニー: 7

中盤で良いプレイを見せ、存在感を放った。

ペペ: 6

彼のスピードはウィーンを困らせるシーンが時々はあったものの、その後のプレイでは得点につながらなかった。。だが、ルイスへのアシストのFKは良かった。

ラカゼット: 6

キャプテンとして先発した。ボールを収めるのにはうまくいったが、得点の香りはしなかった。

エンケティア: 5

不必要にボールを蹴りだしてイエローカードをもらった。後半にストイコビッチへのタックルで退場を免れたのはラッキーだった。

交代選手 オーバメヤン: 8

ベンチからピッチに登場し、アーセナルの攻撃を危険なものにした。得点までに長くはかからなかった。

ベジェリン: 7

同じく交代で登場し、オーバメヤンの決勝点のアシストをした

Source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137