選手採点 アーセナル vs リバプール(カラバオ杯 2020) by De Roche

選手採点海外記事

ただのレノ劇場!

レノ: 9

前半の終わり掛けにジョタのシュートを止めた場面でリバウンドの南野のシュートがクロスバーに阻まれたのは少しラッキーだったかもしれない。

だが後半には非常に忙しくなり、何本もの素晴らしいセーブでアーセナルを試合に留めた。上に伸び切ってのセーブから下への素晴らしい反応までその種類もバリエーションに富んでいた。

さらにPK戦でも2本のシュートストップでアーセナルに勝利をもたらした。

セドリック: 6

試合に関わる機会は多かったが、そこまで活躍は出来なかった。前に右サイドが本職の選手が居なかった最初は前でのプレスを担当し、その結果後ろにスペースを残すこととなった。ペペが右に来てからは攻撃面の存在感は増したが、ボールのコントロールに少し手間取ったりもした。PKはよかった。

ホールディング: 6

月曜日と比べればかなり落ち着いて見えた。パスも相手を見つけることが出来るようになり、守備でも自信を取り戻しつつあったようだ。一つだけ言うのであれば、素晴らしいヘディングシュートの方向をもう少し調整するべきだったことくらいか。

ガブリエル: 7

ペペに良いボールを通せることをまず示し、その後アーセナルがリバプールのプレスをかいくぐり、ボールを前に進めるうえでのキープレイヤーとなった。

守備面も穴はあけず、状況判断に迷うことは全くなかった。

コラシナツ: 5

アベレージなパフォーマンス。ボール保持時のドタバタがアーセナルにプレッシャーを招いた。

セバージョス: 5

序盤は素晴らしい落ち着きを見せていたが、その後は少しずつ雑になっていってしまった。

ジャカ: 7

中盤の中央でプレスに奔走したのに加え、自ボックス内での危機察知は素晴らしかった。ボール保持時にもアーセナルの中心となり、リバプールのラインをブレイクするだけのクオリティを備えていた。

ウィロック: 7

本職の右ウイングがいない状態で、非常に興味深いポジションを任された。サイドのプレスを担当したが、チームのボール保持時にはそのポジショニングにこだわることなくプレイした。

レスター戦より判断の速度が向上しており、ボールを前に進めるうえで障害とならなかった。PKは少しラッキーだったが、幸運に値するパフォーマンスを見せた。

ペペ: 7

まず左ウイングとしてスタートし、試合の序盤には素晴らしいプレイを見せた。ジャカからの素晴らしいパスを受けた場面でウィロックへパスを打明日という選択は正しかったと思うが、もう少し強く出すべきだった簡素入れない。

守備時には必要なポジションを守ることを怠らず、かつ隙さえあればリバプールの脅威となろうとした。PKも非常に良かった。

エンケティア: 5

おしい場面があり、もっと早くシュートを打つべきだった。プレスに走り回ったが、ボール保持時には少しチームメイトと波長が合わなかった。

サカ: 7

ウィロックと似たように、サカのポジションの取り方がリバプールに多くの問題をもたらしていた。

ボール保持時にはペペとエンケティアとの間をつなぐためにボールを受けるような位置に入り、守備時にはコラシナツをサポートした。ボックス内での守備も悪くなかった。

交代選手 エルネニー: 5

特にインパクトは残せず。

ラカゼット: 6

ポジティブな影響を与え、良いPKだった。

ナイルズ: 採点なし

またしてもクールなPKを沈めた。

Source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137