選手採点 アーセナル vs リバプール(A) 【プレミアリーグ 2020-2021 第3節】by De Roche

選手採点海外記事

GK

レノ: 6

序盤に一つよいストップは見せたが、リバプールの同点弾の場面ではサラーのシュートにもっと良い対処が出来たはずだ。ロバートソンのゴールに対してはどうしようもなかった。

DF

ホールディング: 6

またしても複雑なパフォーマンス。マネへのロングボールやルーズボールへの対応など大部分は良かったが、ボール保持時のプレイはチームにプレッシャーを招いてしまった。何度かリバプールのプレスにつかまりかける場面が目立った。

ルイス: 6

レスター戦に引き続き、守備陣の中央のポジションから良いプレイを見せた。特に中に放り込まれるボールに良く対処したし、彼の前のスペースが狙われた際にも上手く対応した。

ティアニー: 5

もともとアーセナルがボール保持時にチームを助けるようなプレイを見せるティアニーだが、これに関してはリバプールも対策をしてきていたのか、少し無理なパスに追い込まれる場面が多かった。そこまで悪かったというわけではないが、特にサラーが中に入ってきた際には苦戦することもあった。

ベジェリン: 5

静かな試合だったが、二失点目ではポジション外に居た所の隙をつかれた。マネへの対応のタイミングは悪く、また3点目の場面はもっと早くジョタに当たりに行くべきだった。

ナイルズ: 5

前半には何度か前で良いポジションに入ることもあったが、それを活かすシャープさがなかった。ラカゼットへのボールが得点につながったのはラッキーだった。

サラー相手にてこずっただけではなく終始ボール保持時にゆるんだプレイを見せ、これがチームにとってはかなりのマイナスだった。

MF

エルネニー: 5

高い位置でリバプールにプレスをかけたが、その後ボールをコントロールすることは出来なかった。

ジャカ: 6

エルネニーと同じように高い位置でのプレスも担当したが、守備面で相手が狙いたい場所をつぶすことでより貢献した。ラカゼットの先制点の過程で見せたパスはまさにジャカに相手守備陣を切り拓くために期待されていたプレイだ。だがどちらかというと守備的な役割を担っており、それが理由で交代となったのかもしれない。

FW

ウィリアン: 5

深い位置でのプレイを強いられ、守備時に少し見せ場があったのを除けばあまり大きなインパクトを残せなかった。

ラカゼット: 5

先制点を挙げたにもかかわらず、ラカゼットにとっては非常にフラストレーションの溜まる夜だった。彼はアーセナルを優位な位置に押し上げることが出来る可能性があった。

一度目のチャンスはオフサイドだったが、その数分後に訪れたチャンスをきちんと鎮めるべきだった。落胆は後退した際のリアクションに明らかに見て取れた。この試合をもってラカゼットを責めることは出来ないが、苦い試合となった。

オーバメヤン: 4

ずっと試合には入れず、残念な一夜となった。

交代選手

セバージョス: 6

途中出場ながらその役目をきちんと果たし、アーセナルを全力で前に押し上げようとした。ラカゼットへのアシストが記録されていてもおかしく案かったし、エンケティアにも惜しい場面を演出した。

ペペ: 5

がっかりな途中出場に終わり、コーナーもあまり良くなかった。

エンケティア: 5

全く試合に絡めなかった。

Source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137