アーセナル vs レスター (カラバオ杯) 選手採点 by De Roche

選手採点海外記事

GK

レノ: 6

試合に良い入りを見せ、飛び出して何本かレスターのシュートに対応した。ボールを回すときも落ち着いていた。ソリッド。

DF

ホールディング: 6

守備陣の右側で不安定な立ち上がりとなった。ジャンプのタイミングをミスしイアナチョにシュートを許し、その数分後にはレスターの選手の足元にヘディングからボールをプレゼントしてしまったりもした。

前半の中盤では後ろ向きに下がりながらの危ない場面もあったが結果的には冷静に対応した。後半は特にパス精度は改善した。

ルイス: 7

後ろでどっしりと構えていたが、必要があればプレイに介入した。レスターのクロスにも良く対応し、中盤の後ろのルーズボールも見逃さなかった。レノと衝突した場面は少しヒヤッとさせられたが、結果的に彼のパフォーマンスが勝利のカギとなった。

コラシナツ: 5

守備のミスなどがあったわけではなかったが、彼がボール保持にあまり自信がないのは明らかだった。ポジショニングが悪くレスターにチャンスを与えそうになったりと、ルイスを苛つかせる場面もあった。

ナイルズ: 5

右WBとしてチームに帰ってきたナイルズだったが、ここ最近の何試合か程のプレイは見せられなかった。いつもより保守的で、攻撃への貢献があまりなく、ポジションを守って上がっていかないことを選択することが多かった。

後半は改善されたが、少し気が緩んでいる場面も見られ、アーセナルを不必要なプレッシャーにさらした。

サカ: 8

左WBとして、特に前半アーセナルの攻撃の中心となった。攻撃の芽を摘まないために走り回り、彼の才能は明らかだった。

ボックス内に走りこんでは脅威となっただけでなく、危険なクロスも供給した。後半にレスターが攻め込んできた際にも体をうまく使ってよく対応した。

MF

エルネニー: 6

リバプール戦やフラム戦ほどの縦への意識は見られず、そこまでのインパクトは残せなかったが、かといって悪かったわけではなかった。

ウィロック: 6

そこまでボールタッチは多くなく、中盤で存在感を示せなかったが、アーセナルのプレスにとって必要不可欠だった。交代する直前にはだいぶ良くなってきているように見えた。

FW

ペペ: 7

前半のアーセナルの攻撃は左サイドを主戦場としておりあまり関われなかったが、後半にはより存在感を発揮した。先制点の場面は少しラッキーだったかもしれないが、そのようなラッキーさをあの時のアーセナルが必要としていたのは間違いない。

得点の後はより自信をもってプレイし、ターンやステップで相手のマークを引きはがすいつも通りのペペに戻った。

ヌケティア: 7

ペペと同じように最初はそこまで影響力がなかったが、低い位置まで下りてアーセナルの攻撃を構築することには貢献した。

ウォードのクリアがボックスの縁で転がってきた際にはもっと良いタッチを見せるべきだったが、一点目につながるペペへのボールを供給したのはヌケティアだった。

その後もプレスに走り回ったりとハードワークを続け、最終的にはゴールもゲットした。

リース・ネルソン: 7

左サイドでのプレイとなったが、このポジションで爪痕を残そうと燃えているようだった。

非ボール保持時にはボールを奪い返そうと走り回り、そこからポストを叩く惜しい場面もあった。ボール保持時には外からマーカーを引き連れて中に入ってボールを受けに行くようなプレイも見せた。

交代選手

ウィリアン: 6

交代出場で良い貢献を見せ、レスターを相手陣に押し込むのに貢献した。

セバージョス: 6

悪くなかった。

ベジェリン: 6

出場時間は短かったが素晴らしいインパクトを残し、ヌケティアのゴールをおぜん立てした。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137