アーセナルのコーチ陣紹介

フロント

せっかく昨日フロントを紹介したので、縁の下の力持ちシリーズ第二弾ということで、アルテタ体制のコーチたちも紹介していきましょう!

(メディカル・フィットネスのスタッフ、アカデミースタッフの紹介は今回は割愛しています)

アルバート・スタイフェンベルフ: アシスタントコーチ①

やたら長い名前のオランダ人、スタイフェンベルフさんは、もともとフェイエノールトのユースチームでプレイ経験がありますが、その後深刻な怪我でキャリアを断たれ、コーチングの道に進みます。

オランダ代表のアンダー世代の監督を務めたのちに、ファン・ハールに招聘されマンチェスター・ユナイテッドのアシスタントコーチを務めていました。その後はベルギーのヘンクの監督となりクラブをEL上位進出に導くものの解雇、ライアン・ギグスのアシスタントとしてウェールズ代表でコーチを務めていたところをアルテタに引き抜かれた、という形です。

当面はウェールズ代表と兼任という形だったようですが、そろそろ兼任期間は終わるのではないでしょうか。ユナイテッドのコーチや、ウェールズ代表と共にユーロにも出場し、アシスタントだけではなく監督としての経験もあるので、大舞台の経験は一番積んでいるコーチと言えるかもしれません。

スティーブ・ラウンド: アシスタントコーチ②

スタイフェンベルフがオランダ仕込みの戦略家、というイメージだとすれば、逆にイングランドサッカーのことを知り尽くしているのがこのラウンドです。

ニューカッスル、アストンヴィラといったプレミアクラブでコーチ経験があり、特にデイビッド・モイーズの副審としてエヴァートン、そして彼についてユナイテッドでもアシスタントを務めました。

2008年からアルテタがアーセナルに移籍するまでの期間にアルテタのことも指導していたようなので、その時代に彼に関して好印象を持ち、コーチとして招聘した、という流れでしょう。

サム・アラダイスのもとイングランド代表のテクニカルコーチを務めていたこともあったりと、なんとなく古き良きイングランドの香り漂うコーチですが、そんな彼を呼んだというのはなかなかアルテタの興味深いチョイスに感じます。

フレディ・ユングベリ: アシスタントコーチ③

こちらは説明の必要もない、言わずと知れたレジェンドですね。エメリ期終盤、フロントからのサポートがほとんどないままに火中の栗を拾う役を任され、アルテタまでの間をつないだユングベリですが、経歴としてはアーセナルのユース監督がメインで、アーセナルからヴォルフスブルクに去ったヨンカーについて、一瞬だけヴォルフスブルクでアシスタントを務めたこともありました。

エメリ体制の一員でもあったこともあり、アルテタ監督就任後は去就が取沙汰されましたが、話し合いの結果、アルテタ体制でもコーチ陣入りすることが発表されました。

一時は暫定監督も務めたフレディは基本的に試合中はベンチではなくスタンドから試合を見守ることも多く、そこまで中心的なコーチであるという感じはしませんが、それでも嫌がることなくアーセナルに尽くす姿勢には頭が下がります。

やはり、スティーブ・ボールドと並んで過去のアーセナルを体現する選手、黄金時代を知る選手がチームにいるというのは大きいのではないでしょうか。

イナキ・カナ: GKコーチ

監督の下で働くコーチとしては珍しく、アルテタと直接的にはコネクションがない人物で、伝統的なやり方とは全く異なるながら、実力派のGKコーチとして評判の人物です。代理人経由でアーセナル行きが決まったとされており、恐らくスペイン系のコミュニティで評判を聞きつけたのでしょう。

コーチのキャリアとしてはデンマークのノアシェランを経て英ブレントフォードでのGKコーチ、という少し不思議な経歴ですが、故郷のバルセロナで、GK育成専門のアカデミーを運営しており、その腕は確かなようです。今季のアーセナルの2人のGKの大躍進の縁の下の力持ちといってもいいかもしれません。

サル・ビッボ: 第二GKコーチ

プロの選手としてはイングランド南部のクラブを中心にあまり出場機会が得られないまま3-4位を渡り歩いてキャリアを終えましたが、その後レディングでGKコーチに就任しました。ずっとレディング一筋でした。2017年にアーセナルに加入、主にU-23を担当するそこまで重要ではないGKコーチというポジションもあってか、監督と共に一新されることが多いコーチ陣の中で数少ないアーセン・ベンゲル監督時代から残っている人物です。

そういった意味では現在はユース担当なので今回紹介からは割愛しましたが、スティーブ・ボールドにも同じことが言えますね。

主にユースのGK指導を担当することが多いということなので、これから有望なユースGKが出現すれば、それはこのビッボさんのお手柄ということになるでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137