【アーセナルが狙うCB】ガブリエル・マガリャンイスとは?

移籍

アーセナルがリール所属のCBガブリエル・マガリャンイスを狙っているという報道は以前から出ていたが、レキップ紙の報じるところによると、今週選手自身が移籍先を決めるだろう、とのことだ。ナポリやエヴァートンがライバルとされているが、今回はそのガブリエル・マガリャンイスがどのような選手なのかを見ていこう。

マガリャンイスのプロフィール

年齢: 22歳
身長: 190cm
ポジション: CB
利き足: 左
国籍: ブラジル
FIFA能力値: 78(ポテンシャル85)
推定移籍金: ~30m€

マガリャンイスは、ブラジルサンパウロ生まれの22歳CBで、ブラジルから19歳でリールに移籍すると、ディナモ・ザグレブへのローンを経て頭角を現した選手だ。

昨季からリールでそれなりに出場していたが、今季は本格的にブレイク、28試合で終了となったリーグアンだがそのうち24試合に出場し、ジョゼ・フォンテの隣で不動のスタメンの立場を勝ち取った。チャンピオンズリーグでチェルシー相手にも出場している。

アーセナルは以前から彼に興味を示していたらしく、今もどうやら交渉中のようだ。移籍金は25-30m€程度になるのではないかと噂されている。

マガリャンイスのスタッツとプレースタイル

左利きで長身、空中戦に強いCBというのは若干パブロ・マリとキャラクターが被っているような気もするが、ハイライト動画を見た限りでは、マリと比べてスピードも悪くなく、地上での一対一勝率も悪くなさそうな印象だった。

また、パス成功率がそこまで高くないのは果敢に前へのパスを試みるからで、リールではチームトップのロングパス成功数を誇るだけでなく、リーグアン全体で見ても、チアゴ・シウヴァに次いでトップクラスの数で、縦パスの名手と言っていいだろう。

ちなみに、こちらが昨季のウィリアム・サリバ(黒枠がガブリエル・マガリャンイス)との比較だが、タックル成功率や地上空中両方での1対1勝率はほとんど遜色ない一方でパスドリブル両方でボールを前に進める能力はマガリャンイスに一日の長があることがわかる。空中戦勝率こそ同じくらいだが、勝利回数、そしてクリア数でも大きく上回っている。

もちろんまだ10代のサリバをリーグ4位のリールでスタメンをマガリャンイスと比較するのも奇妙な話なのだが、サリバよりもさらに即戦力に近いCBだという見方はできるだろう。

二人とも空中戦に強く、機動力の高いサリバに対し、前線へのパス精度が高いマガリャンイス、というリーグアンで最も将来を嘱望されているCBの二人がアーセナルでコンビを組むところがいずれ見られるのだろうか。


もっとアーセナルの移籍記事が読みたい!!という方はこちらから

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137