アーセナルはエインズリー・メイトランド=ナイルズを売却すべきではない

移籍海外記事

まず最初に断っておくが、ナイルズは私のお気に入りの選手の一人で、私のツイッターを見ている人なら知っていると思うが、私は常に彼のサポートのために声を上げてきた。

ただし、単に私のひいき目で見た意見以上に、アーセナルにはナイルズを売却すべきではない理由があるように思われる。ナイルズのサッカー選手としての才能は明らかだし、そのユーティリティ性はチームにとって非常に貴重なものだからだ。

ロンドン生まれのアーセナルアカデミー卒の彼は、チェルシーとのFA杯の決勝がアーセナルでの100試合目の試合だった。彼はアスリート力とサッカーIQに優れ、ピッチのどんなポジションでもプレイできる。2014年にデビューを果たして以降、彼は両サイドバック、ウイング、中盤などといったポジションでプレイしている。チームで最もオールラウンドな選手のうちの一人だ。

更に、私が思うに彼は今のアーセナル最高の右サイドバックだ。ベジェリンは怪我からの復帰以降苦戦が続いており、セドリックも悪くない選手の域を出ない。

メイトランド=ナイルズの一対一での強さは目を見張るものがあり、攻撃参加も上手く、これからさらに彼は成長を続けるだろう。

だが、他の何よりも、彼はアルテタが評価し信頼する選手であるというのがナイルズを売却すべきではない最も大きな理由だ。FA杯の決勝で先発したことが、彼が監督に信頼されている証だ。

もしできるのであれば、アルテタがナイルズをキープしたがっているのは明確だ。にもかかわらず、クラブ上層部はナイルズの移籍を許可することを決めてしまったようだ。

アーセナルが今の順位におり、来季EL出場権を保持している理由そのものである監督の意見を考慮しないというのは正気の沙汰とは思えない。

アルテタは彼が評価し、信じられる選手を中心にチームを構築する権利を与えるべきだ。もちろん金銭上の制約があるのはわかるが、だからといって向こう数年間で多くの試合に出場できる可能性がある若く、ポジション面で融通が利く選手を売却すべきではない。

ナイルズはモダンサッカー界で成功を収めるために必要な素質を全て備えている。知性、守備面での直感、注意力、そして一対一で絶対に勝利するという気迫。彼が併せ持ったスキルセットは代替が利かないもので、ナイルズの売却は大きな過ちとなるだろう。

source:


もっとアーセナルの移籍記事が読みたい!!という方はこちらから

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137