日本一詳しい(?)アーセナル選手名鑑2 エミ・マルティネス

2020年3月20日オリジナル

基本情報

名前: エミリアーノ(エミ)・マルティネス
国籍: アルゼンチン
年齢: 27
身長: 195cm
アーセナル加入: 2010(トップチームデビューは2012)
Transfermarkt算出の市場価値: 3.5M€

豆知識: ブエノスアイレスの未来工科大学という一流大学にも合格しており、サッカー選手にならなければ科学者になるつもりだったらしい

FRANKFURT AM MAIN, GERMANY – SEPTEMBER 19: Emi Martinez of Arsenal during the UEFA Europa League group F match between Eintracht Frankfurt and Arsenal FC at on September 19, 2019 in Frankfurt am Main, Germany. (Photo by David Price/Arsenal FC via Getty Images)

魅力/長所

・普通にセービングが上手い

・ボール配給は恐らくレノよりも上手い

・英語がペラペラ

・アーセナル歴が長く、最近南米組が増えているアーセナルにおいて英国への適応を助けるお兄さん的な存在

紹介

今回はレノの控えを務めるエミリアーノ・マルティネスの紹介である。レンタルを繰り返しているおかげでアーセナルの出の出場試合数はそこまで多くないが、ユース時代も含めるとなんと10年前からアーセナルに在籍している現チームで一番の古株である。

正直、5年前の時点でまさかウィルシャーやラムジー、ウォルコットやチェンバレンよりも長くマルティネスがチームに残るだろうと予測できた人は一人もいないのではなかろうか。

レンタルを繰り返しながら年齢を重ね、将来を見据えた経験を積むためのレンタル移籍というよりも完全移籍の買取手がいないため仕方なくレンタル、という感じでのジョエル・キャンベルコースかと思われたが、昨年レディングで出色の活躍を見せたことで状況が一変。チェフの引退に伴ってついにアーセナルの第二GKに昇格した。

確かに出場機会は限られていたものの、時折出場した試合では悪くない活躍を見せていたし、アルゼンチンフル代表への招集歴もあり、今の活躍は実は意外ではないのかもしれない。

今季もカップ戦では素晴らしいパフォーマンスを見せており、レノが神がかっているためポジションは奪えていないが、十分にプレミアリーグクラブで先発できるレベルなのではないかと思わせる。

この夏以降にマルティネスがアーセナルのNo.2の座に甘んじてくれるかどうかは不透明で、アーセナルがGKを探しているという噂は何度か出ていたため、そろそろアーセナルでのキャリアも終わりに近づいているのかもしれない。

英国生活歴が長いため、南米出身の選手とは思えないほど流ちょうに英語をしゃべり、トレイラやマルティネッリらといった選手たちとの懸け橋的な存在になってくれているようだ。

特にまだ若いマルティネッリとは家族ぐるみでボーリングやパーティに誘ったり、車が必要な際には車を貸したりなどと本当に兄弟のように接してくれているようである。

今季マルティネッリが即座にイングランドで適応し、すさまじい活躍を披露出来た背景には、マルティネスの助けがあるのかもしれない。

広告