選手採点 アーセナル vs ウエストハム

選手採点

実況解説は難しい。

GK

レノ: 8

マンオブザマッチ候補その1。最近少しミスもあったがやはりその神っぷりを再確認させられた。2本素晴らしいセーブを見せたが、特に至近距離からのシュートを右手一本で止めた場面は痺れた。

状況は違うものの、昔ウォルコットがノイアーに片手一本で止められた場面を思い起こさせた。今季何度アーセナルファンはレノ神とつぶやいたことだろうか。

DF

ソクラティス: 6

最近少し不安なところを見せるベジェリンに代わり、サイドぶっちぎられない要員としてなんとプレミアリーグでも右サイドバックデビュー。

確かに守備の面では悪くなかったように思う。とはいえ、やはりそこはCBなので、右サイドの上りは少なめだったし、上がったところでどうせえっちゅうねん!感は否めなかった。シティ戦はベジェリンは帰ってくるのだろうか。

久しぶりにソクラティスがイエローカードをもらう場面を見た気がする。

ルイス: 6

悪い、というほどではなかったものの、いつもほどの落ち着きが見られず、少しバタバタする場面もあった。とはいえ、ウエストハムがファイナルサードでのクオリティを欠いていたおかげでクリーンシートを達成。

マリ: 6

ついにプレミアリーグデビューとなったマリだが、及第点といえるのではないだろうか。彼のプレイを見てメルテザッカーを思い出したのは僕だけではないはず。

ただ、本家と同じようにスピードのあるFWと対峙した際にどれくらい対応できるかは怪しく、かつ、空中戦も長身の割にむちゃくちゃ強いわけではない感じだった。とはいえ、プレミアに慣れてくればこの辺りもまだまだ改善されるだろう。

左足のフィードはやはり前評判通り可能性を感じさせた。

サカ: 6

最近稼働率がえげつないことになっているからか、足を引きずるような場面があったり、少し疲労が目立つ。何度か相変わらず素晴らしいクロスを披露していたが、次の試合も中3日でシティ戦ということで心配になってしまう。

そろそろティアニーが帰ってくると思うので、それまで何とか怪我せずに乗り切ってほしい。

MF

ジャカ: 6

今日の試合では、左でビルドアップを担当するのがジャカ、中央がセバージョスと役割分担されているような感じで、そこまで目立ったものの、担当エリアが中央ではなくサイドになったことで守備の落ち着きも増し、ソリッドなパフォーマンスだった。

セバージョス: 8

マンオブザマッチ候補その2。 この試合で最多タッチ数、最多パス、最多ボール回収、最多インターセプト、最多タックル、最多被ファウル 、という圧倒的なスタッツを残した。

少しミスはあったものの、それはチームを引っ張る姿勢の裏返しだろう。後ろでボールをつなぐ際には若干不安も残るものの、全体を通して見れば、カソルラとコクランを足して2で割った感じのプレイを披露。トレイラが離脱する中守備でも存在感を見せられるようになってきたのは大きい。

エジル: 6

上で左はジャカ、中央はセバージョス、と書いたが、問題なのが右サイドで、ベジェリン不在のため右の前の位置が空いてしまうため、エジルは右サイドが主戦場となってしまっていた。

そのためいい位置でボールを受けられる場面が減り、存在感があまり発揮できなかったが、試合終盤に値千金のラカゼットへのアシストを記録。エジルのアシストはずいぶん久しぶりなのではないだろうか。

ゴール目の前での横パス(浮き球だが)ということでいかにもエジルらしいアシストだった。

FW

エンケティア: 6

まだ若いので当然といえば当然なのだが、一つ惜しいチャンスがあったのを除けばそこまで存在感は示せず、ラカゼットを押しのけてまで先発するほどだろうかと若干疑問を抱かせた。

今後ストライカー争いがどうなるかは興味深い

ペペ: 6

エジルが右サイドに流れてくることが多かったのだが、二人とも左利きなのでボールを持ったところからどうしても中に向かってはいる動きが多くなってしまい、かといってサイドバックのソクラティスが大外をオーバーラップしてきてくれるわけでもないので、中に入った分外のスペースを誰かが使えるわけでもなく、ちょっとバランスとしては微妙な形となってしまっていた。

相変わらずすさまじいドリブルを何度か披露していたが、やはりその後なにか得点やチャンスに直結したわけではないのがやはり悔しいところ。

オーバメヤン: 6

そこまで見どころは多くなく、静かな試合だった。ただ、結果としてアーセナルは勝利を収めているので、これまでのオーバメヤンを見ていると『この試合くらいはオレが頑張るまでもなく勝てるだろ?』と爪を研いでいる感じがして(妄想)頼もしい。

相変わらずフル稼働でも全く怪我をしないのもありがたい。

交代選手

ラカゼット: 7

最近調子を落としていたが、大事なところで点を決めてくれた。やはりゴール欠乏症が深刻なのはアウェイで、ホームではそこまででもないようだ。点が決められるなら、それ以外の点ではエンケティアより優れているところが多いように感じるので、ホームではガンガン先発してほしい。

ネルソン: 6

ポーツマス戦での活躍を受けて、個人的には物凄く期待していたのだけれど、そこまでの活躍はなかった。笑 とはいえ、運動量はあったし、右サイドバックがソクラティスならネルソンを前に置いた方がバランスとしては取れている気がする。

(ベジェリンは出場時間が短すぎるため採点なし)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137