選手採点 アーセナル vs ポーツマス(FA杯) by Andrew Dowdeswell

選手採点

GK マルティネス: 6.5

試合を通してほとんどやることがなかった。一つ良いクロス対応を見せ、全体的にボックスを良く守った。アルテ体制での初の先発となった。

DF ルイス: 7.5

力強いパフォーマンスだった。前半アーセナルがプレッシャーにさらされた際には何度かよいヘディングを見せ、その後も深い位置から試合を組み立てた。

後半も彼とマリは深いエリアを良く守り、ボールを回収し続けた。

パブロ・マリ 7

今後に期待が持てるデビュー戦だった。ボール保持時によく落ち着いており、中盤まで上がり、その素晴らしい左足でボールを前に進めた。

ピッチ中にパスを散らすことができ、相手のプレスにも苦戦しなかった。2回程度少し不安定な場面があったものの、それ以外は非常に良かった。

ソクラティス: 6

やはり右サイドバックは向いておらず、相手にスペースを与えがちなサイドでの一対一では苦戦していた。またボールコントロールにも難があり、ボール保持時にはボールを失わないことが目標となっていた。

これにより相手のプレスは楽になっただろう。だが、不慣れなポジションで全力を尽くしたし、素晴らしいシュートからゴールも決めた。

サカ: 6.5

いつもの目を見張るようなパフォーマンスではなく、そろそろ休息が必要だろう。とはいえ、やはり可能性は感じさせ続けた。落ち着いてボールを回していたし、守備でも穴はあけなかった。

MF トレイラ: 採点なし

こんなにも早い段階で彼が怪我でピッチを去るのを見るのは非常に悲しい。見かけほど重傷ではないことを祈ろう。

ゲンドゥージ: 7

最高のパフォーマンスとはいえず、序盤は試合をコントロールするのに苦労したが、試合が進むにつれて改善された。

ドリブルやパスはそこまで目を引かなかったが、シンプルで効果的だった。

ウィロック: 6.5

前半は非常に良かった。アーセナルを前に進めるのを助けは下が、最後の場面での貢献は少し不満が残った。

FW ネルソン: 8.5

マンオブザマッチ。ドリブルスキルを見せつけ、ポーツマススピードに乗って切り裂き、ツイスト&ターンでスペースに乗り込んだ。

先制点をアシストし、マルティネッリにも素晴らしいチャンスを演出した。エンケティアのゴールでも決定的な役割を果たした。

マルティネッリ: 6

そこまでよくはない試合だった。相手のサイドバックを困らせる場面は何度かあったが、継続して攻撃に貢献はできなかった。彼のプレースタイルを考えれば仕方がないが、ボールロスとも少し多かった。とはいえ、試合を通してハードワークを続け、ベストな日ではなくともチームに貢献できるということをしめした。

エンケティア: 8.0

素晴らしいパフォーマンス。彼のゴールは歴戦のストライカーのようだった。得点以外のプレイもよく、ポストプレイや低い位置に降りてきてのプレイもうまかった。守備も怠らず、相手にプレスをかけ続けた。

やはり、アレクサンダー・ラカゼットはうかうかしていられないはずだ。

交代選手: セバージョス: 7

コントロールが効いていて、落ち着きもあり、スキル、創造性共に申し分なかった。彼からボールを奪うのは非常に難しい。肉体的な限界のおかげで守備時に少し苦戦する傾向はあるものの、ボール保持時は素晴らしく、アーセナルがまさに必要としていたプレイを見せた。

(ジャカ、ナイルズは出場時間が短いため採点なし)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137