アーセナル vs オリンピアコス(A) 選手採点 by De Roche

選手採点De Roche

GK レノ: 8

前半のヴァルブエナのシュートによくセーブした。その後、67分にまたしてもヴァルブエナが素晴らしいクロスを入れたが、レノは素早く対処し、パンチングに成功した。

また、その後もバのシュートを防ぎ、アルテタがレノを先発させたことは正しかったと証明した。

DF ソクラティス: 6

右サイドで起用され、上述の場面ではヴァルブエナに近づくことすらできなかったが、試合が進むにつれて守備は良くなっていった。もちろん攻撃面では貢献できなかった。クロスバーにヘディングを当てた場面はアンラッキーだった。

ムスタフィ: 6

オリンピアコスの裏へのボールには良く対処した。ロングボールへの対応も良かった。自陣でボールを失う昔のムスタフィらしい姿も少し見られたが、中盤で取り返すことで挽回した。

だが、試合終盤に愚かなタックルで危うく失点につながるところだったフリーキックを与えた。

ルイス: 5

今日のルイスは何をやってもうまくいかず、何度かピンチを招いた。また、ボール保持時のオプションの少なさにフラストレーションをためているように見えた。

サカ: 7

サカにとっての最高のパフォーマンスとは言い難く、ファイナルボールもつながらないことが多かったが、それでもあきらめることはなく、最終的にラカゼットへのアシストを記録した。

MF ゲンドゥージ: 6

アーセナルが落ち着きを取り戻すのを助け、何度かファウルを勝ち取り試合をゆっくりしたペースに戻した。レノに弱めのヘディングでボールを出した場面は失点につながってもおかしくなかったが、幸運にもレノは注意深かった。

ジャカ: 6

ボールタッチが多い時間帯もあったが、その間にゲームのテンポを作ることは出来なかった。インターセプトなどはよかったが、少しボールを落ち着かせることに苦戦した。

FW オーバメヤン

右サイドでは試合にあまり影響を与えられなかった。マルティネッリに一本良いクロスを通したくらいだった。

シンプルに、右サイドではチームとあまりうまく連携できないように見える。ペペが入ってからは左に移り、またしても左から危険なクロスを入れたが、決めてもらえなかった。

ウィロック: 6

ラカゼットへ素晴らしい浮き球を一本通した。後半に左サイドに移ったが、判断ミスがいくつかあり、交代したのも驚きではなかった。

マルティネッリ: 5

試合の序盤は動きもよく、ラカゼットからパスが通った場面はもう少し早く反応できていれば決められていただろう。ジャカのフリーキックに触った場面も、もう少し良いタッチが出来ていれば得点になっていたかもしれない。

だが、後半はボールを失う場面が目立ち、交代に不満を言うことは出来ないだろう。

ラカゼット: 7

ウィロックからのパスが通った場面はパスを出すのではなく決めるべきだった。また、PK獲得を狙った場面も判断ミスではないだろうか。

だが、何度かチャンスを逃したものの、最終的にオーバメヤンが左に移ってからは上手く中央にポジションを保ち、貴重な一点を決めた。試合の終盤に2-0にすることが出来たはずだが、それでも決勝点を挙げたのは褒められるべきだ。

交代選手 セバージョス: 5

悪くはなかったが、ボールを持ちすぎる場面が何度かあり、そこまでインパクトは残せなかった。

ペペ: 6

マルティネッリと交代で入ったのがペペでなかったのは少し驚きだったが、試合に入って以降は、献身的に働いた。

(ナイルズは採点なし)

(Source: https://www.football.london/arsenal-fc/arsenal-player-ratings-olympiacos-europa-17786857)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137