アーセナル vs チェルシー(A) 選手採点

選手採点

神童降臨!

帰ってきたベジェリン!

GK

レノ: 6

いつも通りの活躍で、何度かよいセーブを見せた。PKはスピードが遅かったため、あと一歩で止められそうだった。二点目もレノの責任とは言えない。

DF

ベジェリン: 8

帰ってきた我らがキャプテン!(キャプテンじゃないけど。) ジャカやエジル、ラカゼットではなくベジェリンがキャプテンマークを巻いて久々の先発となった。もし一から決められるのであれば、アルテタはベジェリンを恐らくキャプテンに任命していたのだろう。

怪我からの復帰戦は穏やかとはいいがたいものだったが、最近よいプレイを見せていたナイルズには少し酷なものの、流石本職という貫録を見せ、最後になんと左足でチームを救う同点弾まで決めて見せた。

ムスタフィ: 2

もう駄目である。

この試合に限って言えば、前半のミス以降はなかなか良いプレイを見せていたのは事実だが、これまで何度ムスタフィがチームを窮地に陥れるシーンを見ただろうか。CBとして89分良いプレイを見せるが1点献上する選手よりも90分まあまあのプレイを見せる選手の方がスタメンするべきなのは明白であり、それを考えると、ムスタフィのミス癖がここ数年間全く変わっていないことを考えると、出来る限りスタメンから遠ざかるべきだろう。

・・・とはいえ、ルイスは出場停止だし、ソクラティスは病に倒れているし、ホールディングは本調子までまだ遠そうだし、と実際に外す余裕はなさそうなのが悩ましい。

ルイス: 3

もちろんきっかけは上述のムスタフィのミスなのだが、とはいえ完全に不必要なファウルだった。一応カバーもいたので100%失点確定、というほどの場面ではなかったし、失点したとしても、諦めて1点を献上し、その後も11人で戦い続けた方がアーセナルの勝利のチャンスは遥かに上がっていただろう。

出場停止が1試合だけなので、どちらにせよ休まされていたかもしれないFA杯なのがせめてもの救いか。

サカ: 7

クルザワの獲得の噂が出ているが、正直サカの方が良い左サイドバックなのではないだろうか。笑 18歳でこのポジションをほとんど未経験であることを考えると凄まじいプレイを見せている。今日の試合ではチーム最多のタックル数を記録。

ベジェリンのようにウイング出身でサイドバックになる選手は多くいるし、どちらかと言えば万能型で現状トップレベルのウイングとして突出したものがあるわけでもなかったので、むしろ守備を鍛えてそのフィジカルと攻撃力を活かしたサイドバックに転身、というのは意外と良いキャリア選択かもしれない。

まだまだコラシナツが帰ってこなさそうなのでとりあえず怪我にだけ気を付けてほしい。

MF

ジャカ: 7

今日はジャカが左に落ちる形はやらないのかな?と思っていたらルイスの退場により左に落ちるどころか普通にCBとしてプレイすることになった。

二失点目の場面でアスピリクエタをオンサイドにしてしまったとはいえ、それ以外は問題なくプレイできていたし、むしろムスタフィではなくジャカをCBにして中盤はゲンドゥージあたりに頼むという手も・・・

エジル: 5

中盤が一人少なくなり、CMFのようにプレイしたこともあって、ハードワークはこなしたが、特に見せ場は作れなかった。

トレイラ: 7

ルイスの退場まではあまり良いプレイを見せていたとは言えなかったが、それ以降は退場者の埋め合わせと言わんばかりに2人分走り回った。

FW

マルティネッリ: 9

神童降臨。

もともとスペースに走りこんでのゴールが上手いのはわかっていたが、ロングカウンターに抜け出すと(カンテが転んでくれたという幸運はあったとはいえ)、チェルシーDFに全く追いつかせず、自陣から60m近くを爆走し、しかも恐らく疲れていただろうにもかかわらず、最後は歴戦のストライカーのような落ち着きでゴール下隅に流し込んだ。

これでまだ一月ながら今季二桁得点の大台に乗せ、10代の選手での2桁得点達成は二コラ・アネルカ以来だという。もう正直マルティネッリを褒める言葉が見つからない。まだシーズンは3か月以上残っているし、今後どこまで高みに上り詰められるのか期待が止まらない。オーバメヤンが復帰した後チーム選考はどうなるのだろうか。

ラカゼット: 6

いつも通り、数字に残る活躍は残せないがハードワークをし、チームを支えるラカゼットだった。オフサイドになったとはいえ、ボールをゴールに蹴りこむことには成功したので、これをきっかけに得点の感覚を思い出してくれればいいが。

ペペ: 6

序盤は可能性を感じさせたが、数的不利に陥ったのに伴って、守備に追われる時間が増え、輝きは継続できなかった。とはいえ、チーム全体でシュート数が2という状況だったので数少ないチャンスを生かしたマルティネッリが化け物だっただけで、それも致し方なしか。

交代選手

ゲンドゥージ: 7

エジルに代わって入り、疲れ始めていたチームにエネルギーを注入した。堅実にプレイできていた。

ホールディング&ウィロック: 採点なし

ホールディングがまだ本調子ではなさそうなのが気がかりだが、ルイスもソクラティスもいないので、恐らく次戦で先発することになるのではないだろうか。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137