選手採点 vs マンチェスター・ユナイテッド(H) by Andrew Dowdeswell

選手採点

アルテタを讃えよ!

GK レノ: 7

昨節のミスから復活、必要な場面ではセーブを見せ、ラッシュフォード相手に好セーブを見せたりと大きなミスはなかった。

さらに、何度か空中戦でも孫座間を発揮したが、アルテタはレノにより難しいパスを要求しているようだ。この点では一貫性を欠きがちであり、アーセナルがより安定して後ろからボールをつなぐためにはもう少し正確になる必要がある。

DF ソクラティス: 6.5

守備に関しては今季最高クラスだった。アグレッシブにプレスをかけ、相手にスペースを与えなかった。素晴らしいフィニッシュでゴールも決めた。

しかし、ボール保持時にコントロールに時間がかかりすぎ、パス精度も低く、中盤にパスを打ち込むこともあまりできなかった。この点ではアルテタの哲学と相いれないかもしれない。

ルイス: 8.5

守備は素晴らしく、最高のパフォーマンスだった。集中を切らさず相手攻撃陣に対処し、PK内で鉄壁だった。さらに、責任をもってチームメイトをオーガナイズする役割も果たし、ファンも味方につけた。ソクラティスとの大きな違いはボールをパスできることでこれはアルテタにとって完璧だろう。

ナイルズ: 8

二試合連続で、ナイルズは素晴らしかった。彼は集中していたし、守備のタスクをきちんとこなした。パスもシャープかつスマートで、相手からのプレッシャー回避に一役買った。本人が好むと好まざるとにかかわらず、ナイルズは素晴らしい右サイドバックに成長を遂げつつある。

コラシナツ: 7.5

まだ完全にフィットしていない中勇敢なプレイを見せたことは褒めたたえられるべきだ。先発したのは驚きだったし、おそらくまだ本来の調子ではないだろう。特に前半は攻撃面で大きな役割を果たしたが、ダン・ジェームズに何度かやられる場面もあった。

MF ジャカ: 7

守備面で安定感があり、孤立することはほとんどなかった。ポゼッションでは有用だが、いまだにボールを話すまでに少し時間がかかりすぎるきらいはある。DFから近い位置でボールを受け取るのに苦戦する場面もあったが、総合的には丁寧なパフォーマンスだった。

トレイラ: 9

マンオブザマッチ。特出していた。ポジ書面での規律は素晴らしく、落ち着いて、ポゼッション時にはシンプルなプレイを心掛け、鉄壁の守備を見せた。

危険を美しく察知すると必要であればスペースを埋め、何度もボール奪取を繰り返した。また、前からのプレスも機能しており、エメリがなぜこのような選手を中盤の底で起用しなかったのか、不思議でならない。

エジル: 7

チェルシー戦と非常に似たようなパフォーマンスだった。前半はそこまでクリエイティブではなかったかもしれないが、ハードワークをこなし、重要な局面でプレッシャー回避に役立った。後半は少し疲れたようだったが、エジルがアルテタの哲学を信じハードワークをこなしているというのはうれしい驚きだ。

FW ペペ: 7.5

今後に期待が持てる試合だった。プレスや試合のテンポを落としてしまう場面もあったりとネガティブな点もあったものの、先制点も上げたし、2点目のフリーキックも素晴らしかった。ルーク・ショーを何度か丸焼きにする場面もあった。

オーバメヤン: 6.5

カウンターの場面で判断を間違えたりと攻撃面では静かな夜で、いつものようにゴールは決められ中田。それでも、ハードワークをこなし、彼の献身性は証明した。サイドでも全く不満を言うことなくタスクを遂行している姿勢は素晴らしいというほかない。

ラカゼット: 8.

とても力強いパフォーマンスだった。何度かチャンスを外し、ゴールは決められなかったものの、総合的に試合に与えたインパクトは大きかった。フリーキックを獲得し、ボールを支え、ドリブルもよかった。あとはゴールを決めれば完璧だ。

交代選手 ネルソン: 6

ペペがつかれ始めたのに伴って投入された。攻撃面では苦戦したが、アーセナルが必要としていた守備面での安定をもたらした。

サカ: 7

落ち着きはらい、ボールをもってはそのスピードを生かして輝いた。守備もよく、良い休養が得られたようだ。

(ゲンドゥージは採点なし)

(Source: https://paininthearsenal.com/2020/01/01/arsenal-vs-manchester-united-player-ratings-mikel-arteta-changes-everything/6/ )

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137