選手採点 vs エヴァートン(A) by James Benge

選手採点

GK レノ: 5

なんとこの試合では一時間以上にわたってレノはシュートを止める必要がなかった。たまにはこういう日もあってもいいだろう。

DF ナイルズ: 6

少し技術不足は否めないが、少なくともハードワークの意思は見えた。何度かミスをしたが、少なくともその後ボールを取り戻そうとはしていた。

チェンバース: 7

チェンバースを今期のアーセナルの守備の中心に据えるべきだということが明らかになりつつある。今日は彼は何もミスをせず、シティ戦から名誉挽回して見せた。

ルイス: 4

彼の集中力の欠如の頻度は目を見張るものがある。前半だけでシグルドソンに素晴らしい位置でのFKを献上し、ルインを倒し、プレッシャーのない場面でコントロールミスをした。

相手がエヴァートンより優れていればアーセナルはその罰を受けたことだろう。後半改善したとはいえ、アーセナルのベテランCBの一人としては、試合開始からそれを期待したいところだ。

サカ: 8

不慣れなポジションで必死にその役目を果たしたのは褒められるべきだろう。17分にはリシャルリソンを止め、エヴァートンの右サイドを無効化した。

また、守備に苦戦しつつも前線での貢献を見せ、このままであればコラシナツのポジションも安心ではないかもしれない。

MF ジャカ: 8

ボール非保持時にスペースを埋めることはしていたが、ボール保持時にもう少しきびきびとボールを動かしてほしいものだ。エヴァートンはジャカを相手にゆっくり対処する余裕があり、ジャカが何も大きな動きは仕掛けないと知っているかのようだった。

とはいえ、今日の守備ではジャカの体の強さと知性が役立った。

トレイラ: 6

まだまだ本領発揮からは遠いが、献身的な姿勢でチームを引っ張った。後半はより攻撃にも貢献し、オーバメヤンへのパスもよかった。

スミス=ロウ: 6

守備時の運動量は素晴らしかったが、攻撃面では判断ミスや地震のなさが少し目立った。願わくば時間がたつにつれてこれは改善されるだろう。

FW: ネルソン: 8

6分の場面では素晴らしいコントロールからエヴァートンDFを3人抜き去り、守備でも手を抜かなかった。アーセナルでの将来を疑う声もあったが、アルテタにななかなかよい印象を残せただろう。

マルティネッリ: 7

常に走り回り、唯一止まったのはシディベが足首を蹴りつけた時だけだった。彼には珍しく、特典もアシストもなかったが、マルティネッリのおかげでエヴァートンはボールを保持していても常に落ち着かなかった。

オーバメヤン: 5

何度か彼が下がってビルドアップに参加する場面が見られたが、代わりに裏への抜け出しはあまり多くなかった。

交代選手 ウィロック: 5

エヴァートンが試合終盤は引き気味にプレイしたこともあり、あまりインパクトは残せなかった。

(Source: https://www.football.london/arsenal-fc/players/arsenal-player-ratings-xhaka-everton-17458206 )

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137