選手採点 vs ウエストハム(A)

分析,選手採点

正直一点目が入るまでは今季アーセナルは本当に降格するんじゃないかと思いましたね。ありがとうマルティネッリ。

GK

レノ: 7

失点の場面はディフレクションもありどうしようもなかったう。その他の場面では良く対処し、いいセーブを何本か見せつつペナルティエリアをうまく守った。また、普段からそこまで足元が上手いキーパーではないが、今日は悪くなかったように思う。

DF

ナイルズ: 5

ウォームアップで怪我をしたベジェリンに代わり急遽出場となった。ただ、あまり良かったとはいえず、正直右サイドバックの控えとしての地位をものにしたいのであれば、攻守両面でもう少し頑張ってほしいところ。

と本人もあまり右サイドバックをやる気がなさそうなので仕方ないのかもしれないが、ではじゃあどこでならアーセナルでポジションがありそうなのか、と言われると困ってしまう。

チェンバース: 7

守備陣のMVP。ベテランがルイス、ソクラティス、ムスタフィとてへぺろ型CBしかいない中で、落ち着いたプレイを見せ好印象だった。ベジェリンのけがの程度がどれくらいかにもよるかもしれないが、明らかに右サイドバックでプレイした時よりも輝いていたので、これからもCBで起用してほしい。

守備では穴をあけず、ボールの扱いも、隣がソクラティスということもありむちゃくちゃ上手く見えた。

ソクラティス: 6

普段と比べて悪いわけではなかったが、やはり足元のドタバタ具合は目立って見えた。とはいえ、ホールディングはまだ復帰しないようだし、他の候補はルイスあるいはムスタフィということで、ユングベリの苦悩は続きそうだ。ただ、空中戦には良く対処していた。

ティアニー: 6

悪くないプレイを見せていたが、恐らく肩の脱臼でピッチを去ってしまった。重症でないことを祈る。

MF

ジャカ: 3

こういう日があるからジャカは困ったものである。試合のリズムを作ることが出来ず、失点場面も守ろうとする意識が足りないように見えた。そして、これぞジャカ、といった感じのパスミスでチームを危険にさらしたりもした。

頭へのボールののちにピッチを退くことになったのは少し心配だ。

トレイラ: 6

前半はジャカと大差なかったが、後半に入って大きく改善された。ハードワークをこなしていたが、守備的MFとしては若干動きすぎというか、つり出されることが多いのは気になるかもしれない。まさかコクランが懐かしくなる日が来るとは思わなかった。

とはいえ、トレイラが輝ける環境を作ってあげれば素晴らしい選手であることはウルグアイ代表で証明されているし、ユングベリの腕の見せ所といったところか。

エジル: 5

一昔前であれば消えていたと叩かれそうなパフォーマンスで、特に60分以降は攻撃を潤滑につなげるのに大きく貢献したが、アシストなどの決定的な活躍はなく、その一個手前のボールを出すことが多かった。一つ決定的なヘディングのチャンスを外してしまった。

FW

マルティネッリ: 8

数字に残る貢献という意味では1ゴールを決めオーバメヤンのゴールも演出、ドリブルで脅威となったペペの方が上かもしれないが、試合の流れを変えたという意味で今日のマンオブザマッチはマルティネッリに上げたい。

60分まではオーバメヤンに次ぐタッチ数の少なさながら、いざチャンスが転がってくるとゴールの隅に低い弾道で沈めて見せた。ベテランでも試合には入れていないとどうしても苛立ち勝ちで、いざ好機が訪れると一つ目は外してしまったり、などということもあるが、この18歳の若者は冷静に試合の初枠内シュート、かつ自身のプレミアリーグ先発デビュー、プレミアリーグ初ゴールをいとも簡単に決めて見せた。

ゴール前の落ち着きは歴戦のストライカーのそれで、今季はサカやネルソンといった有望株を飛び越えて彼らより早く得点を記録。サノゴの壁(プレミア初ゴール)を越えてしまった。

また、攻守両面に90分間ばてることなく裏への走り込みからプレスバックまでこなしていたのも素晴らしかった。若手なので多少の調子の波はあるだろうが、もしこの調子を維持できるのであれば、左サイドのレギュラーはマルティネッリで決まりになりそうだ。

オーバメヤン: 7

上述の通り最初はタッチ数も少なく試合からも消え気味だったが、やはりそこはオーバメヤン後半一転して流れが変わると、カジュアルに得点して見せた。ラカゼットのアウェイでの成績を考えると、他の部分がどうあれやはりとりあえず得点できる、というのはオーバメヤンの大きな強みだろう。

ペペ: 8

マンオブザマッチこそマルティネッリに譲ったものの、ついにオープンプレイからの初得点を記録、今後に期待させる素晴らしい試合だった。

得点場面はこれこれ、Youtubeのハイライト動画でこういうシーン何度か見た!と言わんばかりの中にカットインしての左足でのシュートで、ロッベンを彷彿とさせた。

ドリブルから何度か惜しいシーンも見せたが、ボールを奪われた後で副審を不服気に見ながら地面に座り込んでいたりするのはやめて頂きたいところ。

正直守備の様子を見るにエジルとペペの共存は難しいかも、と思わせたので、シティ戦は流石に同時先発は無理なのではないだろうか。今更エジルが体を張り出すとも思えないので、ペペもマルティネッリを見習ってもう少し守備にも献身してほしいところ。

交代選手

コラシナツ: 6

ティアニーに代わって急遽出場となった。失点場面ではあまり良くなかったが、攻撃には貢献し、中への折り返しからアシストもゲット。ティアニーはすぐには帰ってこなさそうなので、とりあえずこれから少しの間はコラシナツが出ずっぱりになりそうだ。

ゲンドゥージ&ネルソン 採点なし

ネルソンとしてはサカ、マルティネッリと自分よりも後輩が結果を出しているのは悔しい思いもあるだろう。恐らくヨーロッパリーグではスタメンになるのではないかと思われるので、左サイドの枠があいている今アピールしてほしい。

ゲンドゥージも、良くも悪くも見どころはなかった。ウィロックがベンチ入りすらしなかったことを考えるとジャカが離脱となった場合は恐らくゲンドゥージの出番となるだろう。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137